タイトル画像

森将軍塚古墳

2017.07.14(22:18) 749

8月の始めに行なわれる講習会の準備などで、診療の合間にちょっとした雑務に追われる毎日です。
そんなんで、しばらくブログの更新も滞りがちとなっておりました。

このブログで話題にしたい事がいくつかありましたので、落ち着いた時にでも少しずつ小出しにしていければと思います。

実は、僕、こう見えて結構「古墳好き」だったりします。
「こう見えても何も、まんまですよ!」と何やらツッコミの声が聞こえてきそうな気がしますが、どれくらい好きかというと、ドライブやジョギングなどで、ちょっと小高く盛り上がっている所を見かけると、「思わず古墳かも!?」と寄り道してしまうくらいです。
対して、家族の者は、「狭い所」「暗い所」「蜘蛛」が大の苦手。
それらの要素が満遍なく含まれていそうな古墳に関しては、興味を示さないどころか、むしろ近づきたくない代物となっているようです。
一度、「僕が死んだら、古墳の石棺に葬ってもらいたいなあ。」、なんて事を冗談で言ったら、「私はあんな暗い所に閉じ込められるなんて死んでも嫌!」と全力で拒否されてしまいました。


先月、そうして渋る妻を何とか言いくるめ、念願の千曲市にある森将軍塚古墳へ訪れる事となりました。
とは言え、今ひとつテンションが上がらない相方を慮り、そこは「いざ古墳に直行!」と言う訳にはいきません。
あちこちで寄り道しては、その空腹を満たしつつ、道中ご機嫌を損ねないよう心を砕きました。
IMG_8652.jpg

IMG_8651.jpg

最近、またハマってしまったマンホールの蓋。
マンホールの蓋の絵柄を見れば、その土地の特色が表現されていて、そんな絵柄を一つ一つ解読していくと、訪れた土地の風土を学ぶきっかけにもなり、面白いのです。
そんな千曲市のマンホールは杏の実と花、そして鯉があしらってありました。
やはり千曲市と言えば、杏が有名で、いつか杏の花の見頃の時にも訪れてみたいと思っています。
IMG_8645.jpg


お昼ご飯の後は、いよいよ森将軍塚古墳へと出発です。
森将軍塚古墳は、全長100mにも及ぶ長野県下で最大の前方後円墳です。
古墳時代の初期(4世紀末)に作られたと言われ、大和政権下でこの地を治めていた有力者の墓と言われています。
森将軍とありますが、森将軍という人物が埋葬されている訳ではなくて、「森」という地籍にある、何やら偉い人のお墓であると言う事が由来になっているそうで、お墓の主が一体どんな人物であったかは謎となっています。
その森将軍塚古墳は「科野の里歴史公園」内の山の上に位置し、その麓には屋代清水遺跡という縄文時代の遺構も復元されています。
昔からこの場所で多くの人の営みが織りなされていたのですね。(感慨もひとしおです。。)
駐車場の正面には竪穴式住居と見られる屋根と、その山頂を見やると白く盛り上がった古墳の一端が見えています。

山の上にある古墳を見て、すっかり登る気を削がれてしまった妻は、「放流〜。」と言って僕を野原へと解き放ち、自らは近くの物産館で杏の物色へと向かっていきました。
IMG_8653.jpg

野に放たれた格好となった僕は、まさに野原を駆け回る様にして、早速竪穴式住居に行ってみる事に。
IMG_8655.jpg

近くで竪穴式住居を見てみると思った以上に大きくてビックリ!(*゚Q゚*)
一つ一つ中にも入れる様なので、お邪魔してみました。
IMG_8656.jpg

中には竃があって、大人10人くらいが取り囲める位の広さがありました。
この日は少し肌寒い位の陽気だったのですが、中は意外にも快適な温かさ。
現代でも住居としての機能は申し分無さそうです。
IMG_8657.jpg

IMG_8661.jpg

IMG_8662.jpg
敷地内に立てられた8棟すべてを満遍なく訪ね歩くと、あっという間に30分くらい時間が経ってしまっていました。

竪穴式住居を堪能した後は、いよいよこの日の最大の目的、森将軍塚古墳へと足を向けます。
IMG_8669.jpg


最初に山間から覗く古墳の一端を眺めた時、何となく予感はしていましたが、進むにつれて徐々に登り坂の傾斜が増していきました。
IMG_8671.jpg

所々、目につくのは「マムシ注意」の看板。
麓の科野のムラでは、沢山の人がいたはずなのに、辺りには人っ子一人もいません。
こんな人気の無い所でマムシに噛まれたシャレになりません。
後で知ったのですが、大抵の人は麓から出ているシャトルバスに乗って古墳近くまで訪れているようでした。
山頂にたどり着く頃には、汗だくで、息も上がってしまいました。
今までも振り返ってみれば、この辺りの山の上にある史跡で、楽に登れたという試しはありませんでしたが、今回もこれまでのパターンを裏切る事はありませんでした。(;´д`)<萎ェェェ↓
IMG_8672.jpg


さて、狭い山道を抜けると一転、空が広がり、突如目の前に巨大な石積みが現れました。
圧倒的な迫力の前に、しばらく呆然と立ち尽くしてしまいました。
IMG_8676.jpg


人生初、前方後円墳の上に登ってみました。
いざ墳丘に立ってみると、あまりの広さに、ここが古墳の上であるという実感が湧きません。
縁には複製された埴輪が取り囲んでいます。
何だか現実味がなくて、夢の中の光景を見ているようです。
IMG_8679.jpg

IMG_8680.jpg

後円部の突端からは、善光寺平が一望できます。
この辺り一帯の山々には、丁度この善光寺平を囲む様にして沢山の古墳が存在していてるそうです。
機会があれば、一日じっくりと、古墳巡りをしてみたいですね。
IMG_8682.jpg

古墳の全容を眺める事のできる撮影スポット。
森将軍塚古墳が面白いのは、山の尾根に沿わせて建設された為、後円部がやや楕円となり、全体として「く」の字に折れ曲がった形となっています。
他には無い、個性的な古墳である事は間違いありません。
何だが、凄いものを見る事ができて、感動しました!
束の間、古墳時代へとタイムスリップしてきた気分です。
この感動を、早速家族の者に滔々と語ったのですが、なんと!「ふ〜ん(´_ゝ`)」の一言で片付けられてしまいました。
興味の無い人にはとことん興味の無い古墳の世界・・・・、でも古墳好きな人はもちろん、眺めの良い高い所が好きな方、ちょっとしたハイキングを楽しみたい方、是非一度は訪れてみたいオススメのスポットです。
IMG_8688.jpg


帰りがてら、古墳周辺をぶらりとドライブしてみると、「畑の給食 ホリホック」とうい野菜直売所を見つけました。
こちらでは野菜以外にもお惣菜なども扱っていて、店内にはイートイン席なども設けてあって、ちょっと一休みするにはうってつけの所です。
次に森将軍塚古墳を訪る際は、最初にここでお惣菜を買い揃えて、見晴らしのいい古墳の上で食べるのもいいなあ、と密かに計画しております。
IMG_8692.jpg

IMG_8694.jpg


さらに車で5分程言った所、これまた可愛らしげな喫茶店に巡り合いました。
丁度小腹も減っていたので、迷わずピットイン。
この日は、千曲市で濃密な一日を過ごす事ができました。
IMG_8696.jpg

IMG_8695.jpg




スポンサーサイト

天長地久 ~長野県東御市から送る鍼灸師の日常~


タイトル画像

8月の診療お知らせ

2017.07.13(21:52) 748

8月7日(月)、8日(火)は院長、学会出席につき、休診とさせて頂きます。

お盆は8月11日(金)、12日(土)の横浜での診療は休診とさせて頂きます。


天長地久 ~長野県東御市から送る鍼灸師の日常~


タイトル画像

湯の丸高原(3回目)

2017.06.26(23:21) 747

先週の火曜日は、梅雨の晴れ間で、朝から心地よい陽射しが降り注いでいました。
週間天気予報では、この日を除いて以降は、雨マークが続いていました。
そんな事もあり、朝起きた時、山の上に雲がかかっていないのが見てとれると、反射的に湯の丸高原へと足が向いていました。

前回、前々回と湯の丸高原を訪れた際は、山の温度の低さを甘く見て、手袋の着用を怠り、手がかじかんでしまうという事態に陥った為、予め手袋をはめた万全の状態でやって参りました。
ところが、高原についてみると、カンカン照りの陽射しが降り注ぎ、何もしなくとも汗が出てくる様な暑さ!
今にもセミの鳴き声でも聞こえてきそうな、夏のような世界となっていました。
絶好のハイキング日和となりました。
いつもの様にゲレンデを登り、リフト降り口の先にあるツツジ平へと辿り着くと、濃い緑とオレンジ色のコントラストの世界が広がっていました。
IMG_8703.jpg

まだ八部咲きと言った所でしたが、この光景を見たいが為に、きつい坂を上ってきた甲斐があったと言うもの。
IMG_8707.jpg

ツツジのお花畑の一角に、なにやら桜の様な木が花を咲かせていました。
近づいてみると、桜の原種の一つとも言われるミネザクラでした。
レンゲツツジを見に来て、まさか桜まで鑑賞できるなんて嬉しい驚きでした!
蕾の様子を見ると、まだ花が開いたばかりのようです。
IMG_8713.jpg

湯の丸高原は、いよいよこれからが花の季節ですね。
今度は湯の丸山まで登ってみたいですね。
IMG_8720.jpg

IMG_8723.jpg

IMG_8725.jpg


天長地久 ~長野県東御市から送る鍼灸師の日常~


タイトル画像

最後の苺

2017.06.15(23:20) 746

今年になって初めて、庭に苺の苗を植えてみました。
初めて植えた割には、スクスクと順調な成長を遂げ、沢山の苺の実をつけ、収穫と味わう楽しみを満喫する事ができました。
収穫にあたって、我が家では「早い者勝ち制度」を採用した為、収穫間際の苺を巡る熾烈な争いが勃発しておりました。

加えてある時期からカラスという第三勢力の出現によって、いつしか三つ巴の様相となり、我が家の庭を舞台とした極めてスケールの小さい三国志が展開しておりました。

圧倒的な勢力を誇る妻とカラスの前に、狙っていた苺はことごとく奪われてしまいました。

苺が残り少なくなっていく中で、窮余の一策を講じて、葉の裏の死角になる様な所に苺を隠しておいたのですが、今回最後の一個となってしまったその苺を無事手中に収める事ができました。

「姑息?」いえいえ「これこそ孔明の戦略!」と胸を張りながら、この苺を思う存分堪能しました。

IMG_8619.jpg

IMG_8622.jpg

来年は、カラスよけなども設置して、何としても今年以上の戦果をあげたいと思います。

天長地久 ~長野県東御市から送る鍼灸師の日常~


タイトル画像

湯の丸高原(2回目)

2017.06.14(22:45) 745

梅雨入り宣言されたものの、連日爽やかな青空が広がり、今が梅雨に入っている事をうっかり忘れてしまいそうな天気が続いています。
それでも、朝晩はグッと冷え込んだりして、先日植えたゴーヤの苗もまだまだ伸びるのをためらっているようで、その成長も先端の芽が申し訳程度にネットに掛かるくらいで停滞しているようです。

麓でもこの状況ですので、山の方はもっと気温が下がっているようです。
火曜日の朝、湯の丸高原のレンゲツツジを見に行ってきました。
2週間前に訪れた時は、レンゲツツジはようやく若葉が芽吹いた頃で、花の開花とは程遠い状態にありました。

あれから、大分温かい日も続き、時期的にはそろそろ満開のレンゲツツジを拝めるものと期待しての訪問となりました。
ところが、この日は朝から山の方はうっすら雲に覆われた天候だったと言う事もあってか、湯の丸高原の駐車場に停めた車の外へ出た瞬間、忘れかけていたあの身体の芯から冷気に覆われる様な感覚に襲われました。
IMG_8624.jpg

「またか!」とあきれられるとは思いますが、手袋をしていない手が一気に凍えてかじかんでしまいました。
幸い、ちょっと厚めのウィンドブレーカーを着込んでいたお陰で、身体の方はそれ程、凍える事はありませんでしたが、少し前に手袋を冬物と一緒にしまい込んでしまった事を恨めしく感じます。

いい加減、麓の温度感覚をそのまま山に持ち込むの事の愚かさを学習しなければなりませんね。
でも前回訪れた時よりも、明らかにゲレンデの緑は濃くなっていてました。

一度この足で登った道、二度目は楽にスイスイと登って・・・・・、とはいかず、前回よりも寒さで身体が動きが重くなっていたせいか、やはりゲレンデの頂上に辿り着く頃には、息が上がってしまいました。

リフトの降り口から奥に進んで、つつじ平に出ると、緑の中にポツポツとオレンジ色が混ざっていました。
今年は例年に比べると気温が低いのか、まだこの時期でもレンゲツツジはつぼみの状態でした。
残念ながら期待した満開のレンゲツツジには少し早かったようです。
IMG_8626.jpg

帰る頃になると、急に雲が晴れだして、辺りが一気に明るくなってきました。
と、同時に温度も上がりだして、凍えていた身体が、今度は暑さで火照りだしてきました。
僅か10分程度で身体の環境が目まぐるしく変化していくのを感じました。
IMG_8631.jpg

ゲレンデを下っていく所々、オレンジ色が視界に入ってきます。
近づいてみると、この辺りのレンゲツツジは一部花が咲き始めていました。
IMG_8632.jpg

IMG_8633.jpg

IMG_8635.jpg

駐車場まで戻ると、これから湯の丸山へ登ろうかと言う方々にお会いしました。
いよいよ山も人で賑わいだしましたね。
満開のレンゲツツジを見に、今週あたりにもう一度湯の丸高原に出かけてみたいと思います。

天長地久 ~長野県東御市から送る鍼灸師の日常~


最近の記事
  1. 森将軍塚古墳(07/14)
  2. 8月の診療お知らせ(07/13)
  3. 湯の丸高原(3回目)(06/26)
  4. 最後の苺(06/15)
  5. 湯の丸高原(2回目)(06/14)
次のページ
次のページ