タイトル画像

名人たちの経絡治療座談会

2016.05.16(22:52) 660

最近、購入した本は、医道の日本社から出版された「名人たちの経絡治療座談会」です。
おそらくこの業界に携わる人じゃないと、書店で見かけてもまず手に取ることはないニッチな分野であるかと思います。
IMG_7209.jpg

明治の開国以降から昭和の戦乱期に至るまで、衰退の一途を辿ってきた、東洋医学。
一旦は消えかかっていた鍼灸の灯火を、再び体系化された医術として、復興への道筋を打ち立てた偉大な先人たちの生きた声が、この本の中に蘇っています。
今読んでも、これまで学んできた鍼灸治療の根幹と言える思想や理念が、どのようにして生み出され、また臨床実践を重ねていく中で築きあげられてきたかが、活き活きと語られています。
何にも増して、この本に出てくる先生方の鍼灸治療に対する溢れんばかりの情熱と確固たる強い意志が行間に滲みでていて、読む僕までもが胸が熱くなって、喝を入れられている気分になります。

今のようにネットで検索すれば、大概の情報や書籍などを入手できる便利な時代と違い、当時は貴重な古典を誰かが持っていると知れば、苦労を厭わず、そこに足を運び、手書きで写して自らのものとしていました。
不便な時代であったからこそ、こうした手間が逆に臨床家としての血肉を形作ったのかも知れませんね。
現代は情報過多の時代と言われて久しいですが、知りたい情報に何の苦労もなく触れることが出来る反面、ともすると情報に対して表面的に理解したつもりになってしまい、得られた情報を自らが吟味したり、精査すると言う過程がおざなりになっている様な気がします。
そんな事にも思いを馳せながら、じっくりと1ページ、1ページ、偉大な先生方の言葉から、何か一つでも得られるものを吸収したいと言う気持ちで、普段よりもじっくり時間をかけて読み進めています。


この本に登場されている岡部素道先生の語った言葉。
「一本の鍼に命をかける。私達はこの小さな一本の鍼に患者の命をかけ、同時に私達の命をかけて、日々の治療を続けています。」
読んだ瞬間、ガツーンと胸に響き、背筋がピンと伸びる思いとなりました。
これを読んで明日からの活力に変えていきたいと思います。

くるみ堂長岡はり灸院
389−0512
長野県東御市滋野乙2320−1
0268−63−7280
スポンサーサイト

天長地久 ~長野県東御市から送る鍼灸師の日常~


タイトル画像

痛みについて

2010.06.04(22:33) 357

もう一昔前の話になりますが、「痛みの基準が鼻毛を抜いた痛みで表現できる様になった!」なんてジョークが流行った事がありました。
当時、鍼灸学校の研修生だった僕も、同期の友人や後輩にこんなジョークメールを送ったものです。

痛みの基準はハナゲ
国際標準化機構(ISO)によって、人間の痛みの感じ方についての統一単位「ハナゲ」(hanage)が制定され、「長さ1センチの鼻毛を鉛直方向に1ニュートンの力で引っ張り、抜いたときに感じる痛み」が「1ハナゲ」と定義された、とするものである。鼻毛を抜いた時の痛みには性差や個人差はないことが発見されたため、ハナゲが痛みの単位に選ばれたとされる。



と、まあこれは冗談ですが、本来痛みと言うのは、人によって感じ方には個人差がある為、その人に生じている痛みを数値化して計ると言うのはとても難しい事です。
また一言で「痛み」と一括りにしてみても、その痛みには色々な痛みもあります。
ぎっくり腰の際に感じる様な痛み、転んで体をぶつけた時に感じる様な痛み、内蔵からくる様な痛み、しびれを伴う様な痛み、頭痛、肩凝り痛etc....
痛みそのものに種類があって、それに応じて痛みの原因も様々ありますが、実は、痛みの原因としてはっきりと解明できるものの方が少ないのです。

東洋医学では、痛みの原因を気血の滞りと定義づけています。
本来休む事無く体を巡る気血が、気候変化の影響や、精神的なストレス、外傷等によって一カ所、あるいはそこかしこに固定化された場合に痛みを感じる様になるのです。

そういった生理は、体質的に痛みを感じやすいか、そうでないかを見極める場合にも言える事で、
黄帝内経霊枢の論勇篇の中にも、痛みの感受性を見極める為の指南が為されている条文があります。

夫人之忍痛與不忍痛者.非勇怯之分也.
夫勇士之不忍痛者.見難則前.見痛則止.
夫怯士之忍痛者.聞難則恐.遇痛不動.
夫勇士之忍痛者.見難不恐.遇痛不動.
夫怯士之不忍痛者.見難與痛.目轉面盻.恐不能言.失氣驚.顏色變化.乍死乍生.
夫忍痛與不忍痛者.皮膚之薄厚.肌肉之堅脆緩急之分也.非勇怯之謂也.



痛みに強いか弱いかを見る場合、性格的な勇敢、臆病と言う事がそのまま当てはまる訳ではないのです。
勇敢な人であっても、痛みには弱いと言う人であれば、困難に向かって立ち向かっていくが、痛みを感じれば尻込みしてしまいます。
臆病な人であっても、痛みには強いと言う人であれば、困難に出くわすと慌てふためいてしまうが、痛みには耐える事ができます。
勇敢な人で、痛みにも強いと言う人であれば、困難にも恐れず、痛みにも逃げ出す事はありません。
臆病な人で、痛みにも弱いと言う人であれば、困難や痛みに対しては恐れのあまり頭がくらくらして目が眩み、恐れおののいて言葉も出ず、驚きのあまり気を失ったり、顔面蒼白となり、生きているか死んでいるかはっきりしない状態までなってしまいます。
痛みに強いか弱いかは、皮膚の厚さ/薄さ、筋肉の堅さ/脆さ/柔らかさ/突っ張り感等の違いで決まってくるものです。
従って勇敢か臆病かと言った性格で分けれるものではありません。


とあり、痛みの感受性は、その性格よりもむしろ体質によって決まると考えられています。
この際、皮膚が薄い人と言うのは気血の巡りが早く、敏感で、痛みに限らずあらゆる刺激に対しても敏感である事が多く、その逆に皮膚の厚みがある人では、気血の巡りがとてもゆったりしている為、痛み等に対しても過剰に反応する事は無いのです。
皮膚の状態は、ひとりの人でも,場所や体の状態によって異なるもので、やはり痛みを感じていたり、違和感を感じる様な部分と言うのは、他の健康な部位に比べると皮膚にハリが無かったり、ザラザラしていたり、汗ばんでいたりするものです。
実際、我々が鍼をする前には,お腹の皮膚の状態やツボの周辺の皮膚の状態等を見ながら、鍼の打ち方や深さ等を,その方の体にあった治療になる様に手加減を加えています。

実際に、普段強面の人でも、皮膚が薄かったり筋肉や筋が軟弱だと案外痛みに弱い場合があります。
皆さんの周りにいる人でも、痛みに強い人、弱い人なのかを、皮膚の厚みを探って確認してみるのも面白いですよ。


天長地久 ~長野県東御市から送る鍼灸師の日常~


タイトル画像

食堂かたつむり

2010.01.27(00:18) 352

年明けて、皆さん新年の抱負などお持ちですか?
今年の僕の豊富というか、目標はとにかく本を読むと言うことと、中国語を勉強しようと言うこと。

本は、昨年中に買い溜めた本が積ん読の状態になっているので、まずはそう言った本からドンドンと消化していこうと考えております。
とは言っても、外出するとまず本屋で本を物色してしまい、気がつけば、あれよあれよと本が一杯になってしまいます。
僕の祖父が昔、「本は腐らないからいいんだよ。」と言っていましたが、それを聞いた母が「いっそ腐ってくれたら片づけも楽なのに。」と嘆いていましたが、確かに買えば買うだけ増えるのが本。。。。
すでに本棚は飽和状態になっているので、いずれ田舎に里子に出そうと思っているのですが、母のうんざりする顔がよぎります。

そんな状況ですが、懲りずに最近買ったのが「食堂かたつむり」
食堂かたつむり(ポプラ文庫) (ポプラ文庫 お 5-1)食堂かたつむり(ポプラ文庫) (ポプラ文庫 お 5-1)
(2010/01/05)
小川 糸

商品詳細を見る

何でも映画化も決まっているそうですが、そうとは知らず、待ち合わせの電車に乗り遅れそうになりながら、何となく本の題名に惹かれて、たまたま手に取った本をレジに持っていったと言う代物。

電車に揺られる間の、しばし暇つぶしにと買った本でしたが、これははまりました

物語としては、とある食堂を舞台に、様々な人間ドラマが描かれているのですが、優しく包み込むような筆致で、フンワリとした気持ちを読み手に与えてくれるだけでなく、何にもまして作中に出てくる料理の数々、きっと食べるのが好きな人も、料理をするのが好きな人も楽しめるのではないでしょうか。
食べ物を食べる描写でこれほど感動したのは久しぶりです。

またただ美味しい物を作って、美味しく食べると言うことだけなく、人間にとって食のあり方についても深く考えさせられるようなテーマ性も持っています。
そこには、禅の修行などで食事を作ること、食べることまで修行の一環であり、精進料理の「命ある物を無駄にしない」という精神に通じるものを感じました。

とは言え、肩肘張ることもなく、読むことが出来て、読後感もとても爽快なものでありました。

何でも本に出てきた料理のレシピ集もあるようなのでそちらの方も是非買いそろえたい所。
食堂かたつむりの料理食堂かたつむりの料理
(2010/01/14)
小川糸

商品詳細を見る

とりあえず、ぬか床作ろうかな

天長地久 ~長野県東御市から送る鍼灸師の日常~


タイトル画像

体外受精の成功のカギは「ストレス軽減」=米研究

2009.10.21(21:59) 347

[ワシントン 19日 ロイター] 妊娠を望む女性に向けられる、悩まずにリラックスすることが大切だという昔ながらのアドバイスは、実際に効果的であることが、米国生殖医学会(ASRM)の会合で19日発表された研究で明らかになった。 

 ボストンで不妊治療センターを経営し、ハーバード・メディカルスクールにも勤務するアリス・ドーマー氏らは、無作為に選んだ患者97人に、体外受精に取り組みながら、精神と肉体の両面からストレスを軽減させる10回のセッションに参加するよう指示。これらの患者のうち、1回目の体外受精に成功した割合は、セッションを受けなかった患者と変わらず43%だったが、1回目で成功せず2回目の体外受精に成功した人の割合は、セッションを受けた人が52%だったのに対し、セッションを受けなかった人は20%と大きな差が出たという。



近年になって、高度に発達した不妊治療の分野ですが、最終的にはそれを受ける人の心身の健康状態が重要になってきます。
兎角、不妊治療に際しては、肉体的な負担、精神的なプレッシャーも大変強いものです。
実際、不妊治療で当院に通われる方も、心身共に大きなダメージを抱えていらっしゃる方が沢山お見えです。

特に精神的な変動として、もし治療が上手くいかなかったらと危惧する恐怖心やこれから受ける治療に対する不安感、様々な原因がすべて自分のせいだと思い悩んでしまったり、途方もない絶望感に苛まれている方など、病院で受ける不妊治療は主に物理的なアプローチが主体でこうした精神的なアプローチが乏しい気がします。
こうした精神的な負担は、心身が同一のものと考える東洋医学からすると、五臓六腑に多大な悪影響を及ぼしてしまいます。
不妊症に多く見られるのが「腎」という蔵府の弱りで、「腎」という蔵府はもともと両親から受け継いだ生命力を宿している蔵府でして、その働きとしては生殖に関わる精を宿す部分でもあります。
この腎の働きによって男女の精が作られ、そのお互いの精が合体すると受精し、その精が胎児の精となります。
また胎児は母胎の中で育まれ、出産の日を迎えるのですが、胎児がお腹の中にいる間は、母体のもつ腎の力が大きく作用しています。
この「腎」が、健全に働くならば、全身に精力を漲らせ、根気やねばり強さを生み出していくことになるのですが、恐れや驚きといった精神的な負担によって消耗しやすいと言う弱点があります。
不妊治療を受ける方に、このような精神的負担が過度に働いてしまえば、それは「腎」という妊娠で最も重要な蔵府を消耗することになってしまいます。

鍼灸で妊娠しやすい身体の土台作りを行いながら、西洋医学の治療を併用することでより効果的な治療効果も期待できます。

まずは、自分の精神状態や健康状態のレベルを引き上げることが大切です。

天長地久 ~長野県東御市から送る鍼灸師の日常~


タイトル画像

アイの物語

2009.09.11(23:17) 344

朝晩はすっかり涼しくなって、気がつくと日の入りも随分と早くなってきました。
秋です

最近、各方面より、「このブログは食べ物の話が多いですよね。」と、よくご指摘頂くことが多いのです。
流れ的には「食欲の秋」にちなんで、早速食に関することを話題にする所でしょうが、何分少しへそ曲がなところがある僕としては、「読書の秋」の方で今日はブログを更新したいと思います。

僕の周りは読書の虫が多く、小さい頃から割と本を読むことは苦にはなりませんでした。
なにせ田舎に帰ると廊下の本棚にズラーッと本が並んでいて、それを全部引っ張り出してくれば、ちょっとした古本屋などすぐに開けてしまう位、本で溢れています。

僕もどこかしら出かけると、必ず本の2~3冊は買ってしまうので、僕にとって本屋さんは浪費スポット、カバンの荷物が重くなるスポットになります。
それでなくても、外出時は持ち物の中に文庫本の一冊でも無いと、何だかとても心細くなってしまいます。

読むジャンルに特にこだわりはなく、とりあえず活字が載っていれば何でも読める、所謂乱読タイプです。

そんな僕が最近読んで印象に残ったのが、

アイの物語アイの物語
(2006/06)
山本 弘

商品詳細を見る


ジャンルとしては、SF小説となるのですが、内容はと言うと、短編小説の形式で、最終的にそれぞれの物語が、この物語が帰結するまでの伏線的な要素になっていて、読み終えてみると、それまで単一の物語として読んでいた内容が「アイの物語」というエンディングに巧みに繋がっているのです。

一つ一つの物語自体はそれ自体は軽妙で、単純に面白いのですが、物語が架橋に向かうにつれて、この物語は人間の弱さと矛盾という重いテーマを扱っていることが分かってからといいうもの、次の展開が気になって、気になって後半からページをめくる手を止められませんでした。

サイボーグから見た人間は、「認知症」状態にあるというのは、読んだ刹那衝撃を受けたのですが、人間の性を表すのに「認知症」という表現がこれほど当てはまるとは思いもつきませんでした。
そう言ったほろ苦さも少し感じつつ、最後にサイボーグ達のとった行動に、胸が熱くなり、壮大なスケールの話にひたすら感動しました。

これは、ただの物語としてでなく、近未来の世界にも起こりうるリアルさもあって、まさしくSF小説の醍醐味を余す所無く楽しめると小説だと思います。
あまり、語るとネタばれになってしまうので。。。。。。。

いやぁ、物語って、面白いなあ~と思える本でした。

秋の夜長、一緒に過ごす本としてお勧めの一冊ですよ。

天長地久 ~長野県東御市から送る鍼灸師の日常~


読書
  1. 名人たちの経絡治療座談会(05/16)
  2. 痛みについて(06/04)
  3. 食堂かたつむり(01/27)
  4. 体外受精の成功のカギは「ストレス軽減」=米研究(10/21)
  5. アイの物語(09/11)
次のページ
次のページ