タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


天長地久 ~長野県東御市から送る鍼灸師の日常~


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

2018年 信濃国分寺 八日堂縁日

2018.01.10(11:40) 764

あけましておめでとうございます。
2018年もいよいよ幕開けとなり、くるみ堂長岡はり灸院は、1月5日より本年の診療のスタートとなりました。
本年も皆様の健康に少しでも貢献すべく、日々精進を怠る事無く励んで参ります。
よろしくお願い致します。

さて、この時期の恒例と言いますか、新年最初の僕の苦行と言えば、毎年1月8日の朝八時より信濃国分寺で頒布される絵蘇民将来護符を買い求めると言う一大ミッション。
前年は、丁度8日が日曜日で、朝から大勢の人だかりが出来て、絵蘇民将来護符を入手するのにえらい苦労をする事になってしまいました。
今年、8日は三連休の最終日。
当日朝は前年を上回る人手が予想されると言う事を踏まえて、気合いを入れて6時から並んでみようと決意しました。
一年に一度の事とはいえ、絵蘇民将来符を頂くようになって足掛け5年、もう自分でも制御出来ない変なスイッチが入ってしまったのだと思います。

と言う事で朝の5時半に自宅を出て、丁度信濃国分寺に着いたのが6時。
この日の気温は−5度!
それでもこれまでの修行の賜物か、「なんだ、今年は思ったより寒くないかも!」なんて、完全に身体の感覚機能のネジがぶっ飛んでしまったような境地に達するに至りました。
朝六時の参道は、真っ暗でさすがに人の姿もまばらでした。
IMG_9514.jpg

ところが境内に着くと、もう並んでいる人がいて、「一体、この方達はどのくらい前からここにいるのだろう!?」と感服してしまいました。
果たして何年か先、自分も夜通し並んでいる内の一人になっているのではないかと、気が気でなりません。
IMG_9515.jpg


しかし本番はこれから!
これから朝の8時まで、たっぷり2時間、石畳から涌き上がる寒さの中、ただひたすら立って待つのみという、地味にしんどい労苦に耐えなければなりません。
年を経る毎に、充実していく防寒着。
今年の格好としては、上半身はヒートテックのインナーに、ハイネックのトレーナー、厚手のフリースに、厚手のダウンジャケット、その上にネックウォーマー、下半身はヒートテックのタイツを2枚履きの上に、ウィンドブレーカーのズボン。
更には肩、首、背中、そして靴底にもカイロを仕込み、仕上げに耳まで隠れる様な帽子を被って臨みました。
もし僕が海老フライなら、これだけ衣が厚くなっていたら、詐欺でしょう!と言うレベルまで、とりあえず着れるものを着れるだけ盛った状態となってしまいました。
昨年は帽子が無かった為に、耳無し芳一状態で、耳が冷たくなって、ちぎれるかと感じる程しんどかったので、今年はその弱点をすべて補う完璧な布陣です。
それでも足から込み上げる冷気には、全然太刀打ちできず、「本当に靴底にカイロがあるのか?」と疑問に感じてしまいました。
来年は足の甲側にもカイロを張る必要性を感じております。
IMG_9516.jpg

長い2時間を耐えぬき、今年も絵蘇民将来符を頂く事ができました。
この後、自宅に戻り、少し熱めの風呂に入って、じっくりと身体を温めることが何よりも至福の時です。
お風呂に入りながら、来年の八日堂縁日に思いを馳せてしまう辺り、もう抜け出す事のできない無限ループの中に陥ってしまったのだと、しみじみと実感しました。
IMG_9519.jpg


IMG_9521.jpg



スポンサーサイト

天長地久 ~長野県東御市から送る鍼灸師の日常~


タイトル画像

ゆく年来る年

2017.12.31(22:53) 763

今年は、28日に診療納めとなりました。

来年も皆様の健康に寄り添えるよう努力して参ります。
どうか良いお年をお迎えください。
IMG_9408.jpg

IMG_9409.jpg


今年の個人的三大トピックスとしては

プロ野球で贔屓にしている横浜ベイスターズが日本シリーズに進出した事。
今年は球場に2回しか足を運べなかったのですが、最後までハラハラドキドキ野球を堪能する事が出来ました。
IMG_0549.jpg

夏の講習会で訪日されていたオーストラリアの先生が治療院に見学に来られた事。
鍼灸治療に対する熱意に、僕もとても良い刺激を頂きました。
IMG_9422.jpg

12月の初旬に女児を授かった事。
当方40歳を超えた新米パパですが、連日子育てに奮闘しております。
時折治療室の向こうから泣き声が聞こえるかもしれませんが、何卒ご容赦ください。
IMG_9345.jpg

振り返れば、今年もいろいろな出来事がありましたね。
今年の後半はブログの方も滞りがちでしたが、来年はもう少し更新の方にも力を入れられたら....と思っております。
どうか来年も宜しくお願い致します。



天長地久 ~長野県東御市から送る鍼灸師の日常~


タイトル画像

年末年始の診療案内

2017.12.05(17:40) 762

年末年始の診療案内
年末は、12月29日(金)まで診療致します。
年始の診療は、1月5日(金)より行ないます。
横浜(大口)での診療は12月23日(土)まで、年始は1月6日(土)より行ないます。

天長地久 ~長野県東御市から送る鍼灸師の日常~


タイトル画像

秋の布引山

2017.11.09(23:18) 760

今朝のジョギングは、久々の布引観音でした。
IMG_9160.jpg

毎春、布引山にある釈尊寺のしだれ桜を見る為に、訪れていましたが、紅葉の季節に登るのは今回が初めてです。
最近は日の出も7時くらいになってきて、丁度登り始める頃に朝日も顔を覗かせてきます。
木々の間から差し込む日の光が、山道を覆う落ち葉を黄金色に輝かせ、まるで光る地面を登っている様に感じられます。

IMG_9161.jpg

春先は頭の上は若葉で覆われていた為、日の光も遮られ、山道も鬱蒼とした雰囲気がありましたが、今では適度に葉が落ち、その隙間からは青空が広がって、随分と明るくなった印象です。
もう少し時期が遅ければ、葉っぱも全部落ちていた所でした。
IMG_9163.jpg

登る事10分位でしょうか、色づいた楓の隙間から断崖絶壁に立つ観音堂が見える様になりました。
IMG_9166.jpg

更に上に登っていくと、日の光を受けて観音堂の周辺の山が光っている様に見えます。
春には、あれだけ存在感を放っていた桜の木も、他の木に紛れて鳴りを潜めています。
IMG_9167.jpg

山の上は麓に比べると、一層寒さが増してましたが、その分紅葉の色づきも鮮やかに感じられます。
桜の景色もいいですが、紅葉もなかなか見事ですね。
IMG_9168.jpg

また来年の春に、この場所で桜を眺めるのが楽しみです。
IMG_9170.jpg

少し見所を変えて、観音堂を真下のアングルから見上げてみました。
近くで見てみると、また随分と迫力がありますね。
この観音堂は、鎌倉時代の正嘉2年(1258年)に建てられたそうで、こんな山の中、どうやったら人力のみで、あんな柱を立てる事ができたのか不思議でしょうがありません。
IMG_9172.jpg


天長地久 ~長野県東御市から送る鍼灸師の日常~


タイトル画像

冬到来!

2017.10.27(22:01) 758

10月に入って、長雨や台風など見舞われ、しばらく空が厚い雲に覆われてばかりでした。
今日は、久々に雲一つない快晴の秋晴れ。
何日かぶりに雲に覆われていない山を見やると、もうすっかり紅葉して、浅間山に至っては雪化粧となっていました。
何だか季節が一気に進んでしまった様に感じられます。
IMG_9147.jpg

今年は天候不順もあって、なかなか紅葉狩りに出かける事が叶いませんでした。
そんな事もあって、診療の昼休みの時間を利用して、秋の気配を肌で感じるべく、目の前に見える山にある池の平湿原へと足を運んでみました。
池の平湿原は湯の丸高原と高峰高原の中間に位置する湿地帯で、治療院より車で20分位で行き着く事ができます。
が、標高は2000mまで登る為、急な登坂路をただひたすら登り続ける事になります。
湯の丸高原のゲレンデを横切ると、何と日陰には雪が!
図らずも、まだ10月だと言うのに今年の初雪に遭遇してしまいました。
IMG_9126.jpg

更に標高を上げていくと・・・・・、思わず「ぎゃー!!ォ━━(#゚Д゚#)━━!!」と叫びだしてしまう様な雪に覆われた道が続いていました。
この時期に雪の道を運転するなんて毛先ほども想定していなかったので、おっかなびっくりでハンドルを必死に握りました。
IMG_9143.jpg

幸い雪の道は日陰になった道だけに限られていたので、何とか池の平湿原の駐車場に到着する事ができました。
でも駐車場の周辺にも雪が残っていて、一見すると冬の景色と見まごうばかりです。
秋の気配を求めてやってきたつもりが、一気に冬を先取りする事になってしまいました。
IMG_9142.jpg

微かに残る雪の道を踏みしめながら、池の平湿原へと降りていきます。
陽射しはポカポカと温かくて、軽いジョギングでもうっすら汗をかいてきます。
穏やかな陽射しの中でランニングを久しぶりに満喫しました。
IMG_9128.jpg

麓に比べると、青空の濃さが一層際立って青く見えます。
空が近く感じられて、しばらく見上げていると吸い込まれてしまいそうに感じました。
IMG_9141.jpg

駐車場近辺の様子からもう少し雪道を覚悟していましたが、逆に降りる程、ほとんど雪も溶けていました。
道も整備され、下りと言う事もあって、駐車場から10分もしない内に湿原へと辿り着きました。
IMG_9138.jpg

湿原に設けられた木道を進んでいくと、そこには大パノラマが広がっていました。
IMG_9132.jpg

時間があれば、この木道を一周して、三方ヶ峰へと登りたい所ですが、残念ながらお昼休みに来れるのはここまでと言う事で、後ろ髪を引かれる思いで帰途につきました。
まだまだ秋を楽しみたいので、もう少し冬の気配は、この山に留まって欲しいですね。
IMG_9133.jpg



天長地久 ~長野県東御市から送る鍼灸師の日常~


ニュース
  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 2018年 信濃国分寺 八日堂縁日(01/10)
  3. ゆく年来る年(12/31)
  4. 年末年始の診療案内(12/05)
  5. 秋の布引山(11/09)
  6. 冬到来!(10/27)
次のページ
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。