FC2ブログ

タイトル画像

端午の節句

2006.05.05(12:29) 94

鯉のぼり

今日は端午の節句、こどもの日ですね。
国民の祝日に関する法律に祝日法というものがありますが、その中には「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」とあることから、本来は、子供だけでなく、お母さんも一緒に労う日でもあるのですね。

「端午の節句」の由来は、もともとは中国が起源で、日本には平安時代頃に伝わったとされています。
端午の「端」は「はじ/最初」を表し、「午」は干支の「うま」を指しています。
ですので、月の最初の午の日が端午の日になるわけです。
と言うことで、必ずしも5月5日が、端午の日にはなるわけではありませんが、午(ゴ)と同じゴロの五(ゴ)が重なる5月5日が端午の節句として定着するようになったと言われています。
古来、五月は「毒月」「物忌みの五月」とも呼ばれ、春から夏への変わり目に当たるこの季節は、急激に暑さが増したり、いろりろな虫が活発に活動するようになり、それによって体調を崩して病気で苦しむ人が多かったことから、それらの厄災を振り払う為の厄払いの日として、この端午の節句が取り入られるようになりました。
その為に、薬草でもあり、邪気を払うと信じられていた菖蒲を、お風呂に入れたり、お酒に浸して飲んだりするなどして、健康増進を図ったり、健康祈願をするようになったわけです。 

鯉のぼりも、川の流れに逆らって上流に向かって逞しく泳ぐ鯉の姿にあやかって、「子供が元気よく育つように」との願いが込められています。
ちなみに鯉のぼりの吹き流しの色にも木・火・土・金・水を表す五行の色が用いられていて、これは魔除けの意味合いを持っています。
小さい頃は、自分の家の鯉のぼりがはためいているのを見ると、とても誇らしく感じたのを思い出します。

スポンサーサイト




天長地久 ~長野県東御市から送る鍼灸師の日常~


2006年05月05日
  1. 端午の節句(05/05)