FC2ブログ

タイトル画像

字画の多い漢字

2006.05.06(10:32) 95

前に大漢和辞典にまつわるお話しをさせてもらったことがありますが、その大漢和辞典なら、もっと多い字画の漢字があるのではないかと思い、早速調べてみることに・・・。
すると、ありました
最も多い字画を持つ漢字で、何と64画。
りゅう

前回調べたときに一番画数が多かった漢字は、この龍という字が三つ重なった形状を持つ「トウ」という漢字で48画でした。
ちなみにこの漢字は「テツ」「テチ」 と読み、意味は「よくしゃべること。多言なこと。」だそうです。
確かに、これだけ龍のオンパレードだと多言という表現は何となく納得できます。

それと、もう一つ64画の漢字があって、
こう

こちらは「セイ」と読むらしいのですが、意味は分からないとのことでした。
2つの漢字とも、パッと見、漢字と言うよりも何か模様か絵柄のように見えてしまいます。(ラーメンどんぶりの絵柄にありそうな・・・・)
龍にしても、興にしても見慣れている漢字ではありますが、さすがに四つも重なっていると何とも奇異な感じがしますね。

もうこれ以上の画数を上回る漢字はないだろうと思っていたら、
・・・ありました
「おおいちざ」と言う漢字で、総画数79画。
おおいちざ

ここまでくると、もはや一文字の漢字と言っていいのかさえ分かりません。
この漢字は、国字(日本で作られた漢字)といわれるもので、江戸時代の戯作者に戀川(れんがわ)春町と言う人がいて、この方が自分で作ってしまったと言われているようですが、本当のところはどうなのでしょうか?
意味は、「おそろいのなかではく」と言うことだそうです。
一昔前は、こんな「おおいちざ」な生活をしていたこともあったような・・・。

さらに、さらに84画という漢字があって、いま、確認できる中では恐らくこの字が一番画数が多い漢字になるのではないでしょうか?
たいと

この字もまた日本で作られた国字で、「たいと」「おとど」「だいと」と読み、苗字に使われる漢字だそうです。
実際にこの字の苗字を持つ人がいるかどうかは分かりませんが、テストの際は自分の苗字を書くのに随分と時間がかかってしまい、きっと大変でしょうね。


スポンサーサイト




天長地久 ~長野県東御市から送る鍼灸師の日常~


2006年05月06日
  1. 字画の多い漢字(05/06)