タイトル画像

和漢三才図会

2006.06.27(17:32) 106

(わかんさんさいずえ)
和漢三才図会(表紙)


最近、時間が空いた時などにパラパラと読んだりしています。
この本は、江戸時代、医者である寺島良安先生によってまとめられた、日本で最初の百科事典と言われています。
全105巻81冊にわたり、膨大な情報量がこの中に納められていて、何と言っても興味を引くのは解説文に図が挿入されていて、特に字など読めなくともこの絵を眺めて入るだけでも楽しくなってしまいます。
06-06-26_20-52.jpg


江戸時代における知識の泉として、この本が与えた役割は計り知れないと言えます。
今のように有りとあらゆる情報が目利きすることが出来なかった当時においては、この本を読むことで、身近に見ることの出来ないような珍しい動物、様々な事象に思いをめぐらせていたでしょうね。
この中に人魚に関する記述があるのですが、
06-06-26_20-54.jpg

この頃もうすでに、現在の我々がイメージするような人魚像が描かれていたのですね。
そんなことを漢字ながら、ついつい時間の経つのを忘れて、読みふけってしまいます。
スポンサーサイト

天長地久 ~長野県東御市から送る鍼灸師の日常~


2006年06月
  1. 和漢三才図会(06/27)
次のページ
次のページ