タイトル画像

湯の丸高原(2回目)

2017.06.14(22:45) 745

梅雨入り宣言されたものの、連日爽やかな青空が広がり、今が梅雨に入っている事をうっかり忘れてしまいそうな天気が続いています。
それでも、朝晩はグッと冷え込んだりして、先日植えたゴーヤの苗もまだまだ伸びるのをためらっているようで、その成長も先端の芽が申し訳程度にネットに掛かるくらいで停滞しているようです。

麓でもこの状況ですので、山の方はもっと気温が下がっているようです。
火曜日の朝、湯の丸高原のレンゲツツジを見に行ってきました。
2週間前に訪れた時は、レンゲツツジはようやく若葉が芽吹いた頃で、花の開花とは程遠い状態にありました。

あれから、大分温かい日も続き、時期的にはそろそろ満開のレンゲツツジを拝めるものと期待しての訪問となりました。
ところが、この日は朝から山の方はうっすら雲に覆われた天候だったと言う事もあってか、湯の丸高原の駐車場に停めた車の外へ出た瞬間、忘れかけていたあの身体の芯から冷気に覆われる様な感覚に襲われました。
IMG_8624.jpg

「またか!」とあきれられるとは思いますが、手袋をしていない手が一気に凍えてかじかんでしまいました。
幸い、ちょっと厚めのウィンドブレーカーを着込んでいたお陰で、身体の方はそれ程、凍える事はありませんでしたが、少し前に手袋を冬物と一緒にしまい込んでしまった事を恨めしく感じます。

いい加減、麓の温度感覚をそのまま山に持ち込むの事の愚かさを学習しなければなりませんね。
でも前回訪れた時よりも、明らかにゲレンデの緑は濃くなっていてました。

一度この足で登った道、二度目は楽にスイスイと登って・・・・・、とはいかず、前回よりも寒さで身体が動きが重くなっていたせいか、やはりゲレンデの頂上に辿り着く頃には、息が上がってしまいました。

リフトの降り口から奥に進んで、つつじ平に出ると、緑の中にポツポツとオレンジ色が混ざっていました。
今年は例年に比べると気温が低いのか、まだこの時期でもレンゲツツジはつぼみの状態でした。
残念ながら期待した満開のレンゲツツジには少し早かったようです。
IMG_8626.jpg

帰る頃になると、急に雲が晴れだして、辺りが一気に明るくなってきました。
と、同時に温度も上がりだして、凍えていた身体が、今度は暑さで火照りだしてきました。
僅か10分程度で身体の環境が目まぐるしく変化していくのを感じました。
IMG_8631.jpg

ゲレンデを下っていく所々、オレンジ色が視界に入ってきます。
近づいてみると、この辺りのレンゲツツジは一部花が咲き始めていました。
IMG_8632.jpg

IMG_8633.jpg

IMG_8635.jpg

駐車場まで戻ると、これから湯の丸山へ登ろうかと言う方々にお会いしました。
いよいよ山も人で賑わいだしましたね。
満開のレンゲツツジを見に、今週あたりにもう一度湯の丸高原に出かけてみたいと思います。
スポンサーサイト

天長地久 ~長野県東御市から送る鍼灸師の日常~


2017年06月14日
  1. 湯の丸高原(2回目)(06/14)