FC2ブログ

タイトル画像

北斗の拳マンホール

2019.10.26(16:13) 777

久しぶりの更新です。

随分とご無沙汰しておりました。

半年ぶりにこのブログに何を投稿するのか、になりますが、ついに佐久平駅前にに設置されたと話題沸騰!?の北斗の拳のマンホールを見て参りましたので、その報告をさせて頂きます。
原作者の武論尊さんが、佐久市出身とのご縁で、今回北斗の拳のデザインマンホールが設置されそうです。

北斗の拳は、ちょうど学生時代にリアルタイムでその漫画を愛読していた世代でもあり、マンホールの蓋を見て回る事が好きな自称マンホーラーの僕にとっては、見に行くのはちょっとした義務にも似た思いで佐久平駅に足を運んだのであります。
家の者には、娘の散歩という大義名分を掲げて、早朝からマンホールの蓋を見るだけの為に、佐久平駅へと車で30分かけて向かいました。
目的はただただマンホールの蓋を見ることだけですので、当然のように着いてすぐ、早速マンホールの蓋を探し回ります。
苦労したのは、マンホールの蓋など全く興味のない娘が、勝手気ままに歩きたがるのを、何とかその手を引きつつ探す事でした。
そうこうして、見つけたのは南斗水鳥拳の使い手「レイ」のマンホールです!
(あまりご存じない方には、この興奮は伝わらないかもしれません。)
思っていた以上に、鮮やかなカラーでかなりクウォリティーの高いものでビックリです。
IMG_6856 (2)

心憎いことに、こうしたマンホールの蓋が全部で7つ設置されており、しかもそれが北斗七星の形で配されているというのです!
案内板を参考にしながら、早朝から意気揚々とむずがる子供の手を引きながら、足元を必死に見つめる親子。
周りからはどのように映っていたでしょうか?


次に見つけたのは「聖帝サウザー!」です。
IMG_6859 (2)
何も知らない娘は、畏れ多いことにサウザー様の顔を踏みつけて素通り。
世が世紀末なら、聖帝陵を作る労働者として捕らえられてしまった事でしょう。
IMG_6860 (2)


次は、ご存じ主人公の「ケンシロウ」です。
IMG_6862 (2)


さらに「ジャギ」様。(何となく様を付けてしまいます。)
IMG_6864 (2)

そして「ユリア」と順調に見つけていきます。
この頃になると、娘も色付きのマンホールの蓋を探していると察してくれたようで、自ら進んで色付きのマンホールへと突進してくれるようになりました。
なかなかマンホーラーとして見所がありそうです。
IMG_6866 (2)

そして北斗四兄弟の次兄「トキ」。
IMG_6868 (2)

最後にトリを飾るのは、もちろん「拳王ラオウ」、その人です。
IMG_6870 (2)
ラオウに行く着いた時は、早朝の佐久平駅前広場でやり遂げた!という達成感に親子で満たされておりました。

早朝からワクワクの宝探しをしたみたいで、とても充実した朝となりました。
佐久平駅に立ち寄る事がありましたら、是非「北斗の拳マンホールの蓋探し」トライしてみてはいかがでしょうか。
久しぶりのブログの話題が、院長のものすごく偏った趣味の話でも申し訳ありませんでした。
スポンサーサイト




天長地久 ~長野県東御市から送る鍼灸師の日常~


2019年10月
  1. 北斗の拳マンホール(10/26)