FC2ブログ

タイトル画像

バルーンからの貝原益軒

2019.11.07(00:13) 778

皆様、連休はいかがお過ごしになられましたでしょうか?

日曜、月曜の二日のお休みを利用して、家族で佐賀インターナショナルバルーンフェスタに行ってまいりました。

佐賀インターナショナルバルーンフェスタは、5日間に亘って繰り広げられる競技バルーンおよびバルーンイベントで、延べ90万人近い観客を動員する国内有数のバルーンイベントです。
熱気球といえば、地元のお隣、佐久市でも、毎年5月頃に佐久バルーンフェスティバルというのが開催されていて、こちらもかなり賑わうイベントとして知られています。
毎年行きたいと思ってはいるのですが、いつも何かしらの予定が入って、これまで一度も足を運べずおりました。
そんな事をおぼろげに考えていたら、今回ちょっとした経緯があって、急遽、遠路はるばる佐賀のバルーンフェスタに行くことになりました。

4日の競技バルーンは午前7時からスタートという事で、前日は福岡県の久留米市に宿を求め、明日の早朝出発に備えます。
夕食を食べに出かけがけてら、久留米のアーケード商店街を散策。
IMG_7430_20191107174757374.jpg

早速、地元のマンホールを見つけ、写真に収めます。
色付きのマンホールに出会うなんて、なかなか幸先が良い感じです。
調べてみると、久留米絣と久留米市の花久留米ツツジがあしらわれている意匠なのだそう。
IMG_7423_201911071747583ef.jpg

もう少し、じっくりと散策してみたかったのですが、なにぶん明日が早いということで、食事を済ませたら、そのまま宿泊先に戻って、就寝する事にしました。


さて、翌日は5時に起きて、「JR久留米駅」から、会場となる「バールンさが駅」へと向かいます。
バールンさが駅は、このイベントだけの為に臨時で設置される駅だそうで、「期間限定」という言葉に弱い僕は、この駅を利用できたことが、ちょっと得した気分に感じます。
朝早い電車だというのに、バルーンフェスタのお客さんで、電車は超満員でしたが、会場に近づくと、すでに数機のバルーンが立ち上がっていて、自分も含めて周りの方々も「わ〜っ」と歓声が上がりました。

さて、少しでも間近に!と足を運ぼうとした瞬間、「本日の競技バルーンは強風の為中止になりました。」との無情のアナウンスが!
IMG_7445_2019110822544119e.jpg

確かに、目の前のバルーンが風に煽られて、ユラユラと揺れていました。
IMG_7544.jpg

一旦は膨らんでいたバルーンも、一機、また一機とゆっくりとしぼんでいきます。
何とも残念な結果となってしまいましたが、せめてもの救いは、娘がバルーンを見て片言で「おおきい!おおきい!」と指差しては楽しそうに走り回ってくれた事でしょうか。
こうして間近で見てみると、熱気球の大きさは迫力がありました。
このバルーンが一気に空に舞い上がる光景は、とても幻想的だったでしょうね。
次回のリベンジを心に刻んで、会場を後にしました。
IMG_7459.jpg

そんな失意の心を慰めるかのように、空には虹が出ていました。
IMG_7447_201911082254456e5.jpg


帰途につく福岡空港では、帰りのフライト時間に大分余裕がありました。
そこで、博多市内に繰り出して、常々訪れてみたいと思っていた貝原益軒のお墓に行く事にしました。
曲がりなりにも、「健康」に従事する僕にとっては、貝原益軒先生は神棚にお祀りしなければならないような偉大な方で、江戸時代に中期に「養生訓」という医書を残し、その内容は現代においても養生の実用的な書として、とても優れた本であると思います。
いずれこのブログか、ホームページに貝原益軒の養生訓の話題を詳しく取り上げてみたいと思います。

福岡空港から地下鉄空港線で20分程行った西新駅という所に、貝原益軒の眠る「金龍寺」があります。
周辺にはヤフオクドームや、大濠公園などがある立地で、周りは大きな幹線道路やビルなどが立ち並ぶ通りに面した中に、ポッカリとエアポケット的な感じの中にお寺が佇んでいました。
IMG_7471_20191108232046ccc.jpg

IMG_7472_20191108232044dfc.jpg

境内は、閑静でとても広々して、表通りの喧騒が嘘のようです。
IMG_7481.jpg

境内の奥に行った所に、貝原益軒の銅像とそのお墓が建っていました。
儒学の道に精通していた故人を偲んでか、文机を前に腰掛けるお姿がとても堂々としてイメージ通りでした。
少しでも養生の道の一端でもあやかれる様に、しっかりとお参りしてきました。
IMG_7476.jpg

最後に、博多市内のマンホールの蓋。
何だか幾何学模様です。
何のイメージなのか調べてみましたら、,鳥,ヨット,街並みなどの抽象的なデザインの組み合わせで「人の都・福岡市のアクティブなイメージ」を表しているようです。
IMG_7470.jpg

バルーンに貝原益軒と何の脈絡も無い旅行になってしまいましたが、僕的にはとても有意義な旅となりました。

スポンサーサイト




天長地久 ~長野県東御市から送る鍼灸師の日常~


2019年11月07日
  1. バルーンからの貝原益軒(11/07)