FC2ブログ

タイトル画像

2020年 信濃国分寺八日堂縁日

2020.01.09(23:00) 779

本年もよろしくお願いいたします。

今年もブログ最初の話題は、毎年恒例となっている信濃国分寺で頒布される蘇民将来符を頂きに行った報告となります。
今年になって、足掛け7年、1月8日の早朝に信濃国分寺に通っていることになります。

そして、その都度得る教訓というのが、

「八日堂縁日は、寒さとの闘いである!」

という一点です。

毎年、入念に防寒対策をしているつもりですが、それでも尚、やはり寒さが骨身に突き刺さるのです。
2020年、これまでの6年の集大成として、過去最強の防寒の装いに到達しました!

IMG_20200109_0001.jpg

あえて、ここは「装い」と書いて「甲冑」と呼びたいと思います。
とうとう巡り巡って、スキーウェアに行き着いてしまいました。

八日堂前夜は、むしろ準備した寒さ対策がどの程度の効果を発揮するか楽しみになるぐらいでした。

さて、当日の朝は、5時半起床、6時出発で、6時半現地到着を予定していました。
早速、用意したフル装備に着替え、車の暖機運転を行おうと外へ出ると、「あれ!?車のフロントガラスが凍っていない!?」というまさかの展開。

道すがら設置されている温度計に目をやると、3度と表示されていました。
前年のマイナス10度を思えば、目を疑う様な数字です。

果たして、境内に着いてみると、いつもの体の奥底からピシッと凍りつく様な冷気は鳴りを潜め、普通に寒いと感じる程度でした。
周りの人達の会話も、「今年は暖かいね〜!」という言葉が行き交っていました。
気温3度の空の下、周りの皆さんと同じように暖かいと感じてしまう辺り、自分も何かのネジが抜け落ちてしまっているようです。
IMG_9013.jpg


IMG_9015.jpg

用意した防寒具の効力を存分に発揮できるような状況ではなくなり、少し拍子抜けな感じがしてしまいました。
最初の内は、完全防備の防寒グッズのおかけで寒さもそれほど身に沁みる事もなく、むしろ「もっと寒くても大丈夫!」などと思う余裕までありました。

ところが、八日堂縁日はそんなに甘くはありませんでした。
朝日で東の空が白んでくるに従い、まさかの雨が降ってきました。
IMG_9017.jpg

あれほど、防寒グッズを入念に用意していたのに、雨対策に関しては何にも考えてなかったのです。
スキーウェアは撥水コーティングを施していあるため良かったのですが、頭の方は毛糸の帽子であった為、冷たい雨粒が次第次第に頭から浸透してきます。

IMG_9018.jpg

外気温はそれ程、冷えるものではなかったのですが、この冷たい雨には参りました
結局、卵を温めて餌を運んでくるメスの帰りを待つオスペンギンの心境で、じっと雨の中を立ち尽くしておりました。
IMG_20200109_0002.jpg


今年も、結局は苦行を課される事となりましたが、なんとか無事に蘇民将来符を頂くことができました。
今回頂いた蘇民将来符は、七福神の皆々様がとても柔和な笑顔をされていて、なんだかほっこりします。
IMG_9022.jpg

こうして、これまで集めた蘇民将来符を並べれば、僕的には新しい年のスタートを恙無く切れたという気持ちになるのです。
歴代のものに比べると一際真っさらで、新入りという感じがしますね。
IMG_9023.jpg


来年に向けての反省点は、天気予報をちゃんとチェックしておこう!という事ですかね。



スポンサーサイト




天長地久 ~長野県東御市から送る鍼灸師の日常~


2020年01月
  1. 2020年 信濃国分寺八日堂縁日(01/09)