タイトル画像

2006.06.09(10:34) 103

梅雨入り間近となり、雨の季節が過ぎるともう夏はすぐそこまで・・・。
夏と言えば、やはり麦で出来た飲み物をついつい欲してしまう季節です。
それは麦茶しかり、ビールしかり、とにかくうだるような暑い日にはまさしく五臓六腑に染み渡るような思いでついつい度を超してしまうことも多いのではないでしょうか。

先日、餃子の話の時に麦のことに少し触れましたので、今回はその麦についての続き的な話をしようと思います。
一口に麦といっても小麦、大麦、ライ麦、エン麦などがあり、この内小麦はパンや麺類等の原料として、大麦は、ビール、麦茶、味噌やみりんの原料として使われています。
日本は稲作中心で、あまり麦に縁がないように思われがちですが、その歴史は古く、日本書紀や古事記の神話の中では、麦は女神の女陰から生じたものとして紹介されています。
というのは、麦の事でありますが、これはと言う字と足を表すと言う字が組み合わさったものであります。
は、麦の穂が大きく実って左右に張り出している様を表し、それに足がついているのは、麦の成長を抑え、根はりを良くする為に行われた麦踏みと言う作業から組み合わされたと考えられます。
大昔は、来が麦を表し、麦が来ると言う意味として使われていましたが、次第にその意味が混同し、今に至っているようです。
小麦の原産地は現在の中東と言われ、丁度アフガニスタンからイラクまでの一帯であります。
約1万5000年前には麦が栽培されていた痕跡があり、稲やトウモロコシと並ぶ世界の三大穀物として、昔から今に至るまで、人間の営みには欠かすことの出来ない重要な穀物として位置づけられています。
その麦が西方から中国にもたらされたのは紀元前2~3000年頃で、当時の社会にとって、多大な影響与えたことは間違いありません。
ですから、麦は天(西)から「やって来た」、恵みを与えてくれる穀物と言う認識が当時の人々の間にあり、つまりはそれが麦と書いて「やって来る」という意味に繋がったのかも知れません。

ちなみに、昔の麦というのは収穫効率が非常に悪かったらしく、一粒の種を蒔いて収穫される麦の実は3粒程度だったと言います。
それから、様々な品種改良や栽培の工夫がなされ、今では、ヨーロッパでは一粒の種から15~16、アメリカで20~25粒の収穫を得れるそうです。
日本においては、他の地域に比して非常に効率が良く、一粒の種から50粒を超える収穫を得ることが出来るそうです。

冒頭にも挙げましたが、ビールの美味しく感じる季節、ついつい飲み過ぎて二日酔いや夏バテがやって来ない様、節度を守って楽しく、美味しくビールを味わいたいですね。
スポンサーサイト


天長地久 ~長野県東御市から送る鍼灸師の日常~


<<音を表す漢字 | ホームへ | >>
コメント
お元気ですか?その節はお世話になりました。なんと5年

間苦しみ続けていたイボやっと治りました。

剥離の手術やレーザー治療、液体窒素の治療どれも全然

効果がありませんでした。

お灸が一番効きました。やはり自然からできたものを使用

しているからだと思います。また先生との治療中の何気な

い会話で信頼関係が築け安心してお任せすることができ

ました。

カナダでは順調に仕事になじめいいスタートを切れまし

た。こちらは夜10時くらいまで明るいです。夕方5時から

ピクニックの約束とかして友人と出かけています。

ちょっと変な感覚です。

また面白いカナダ情報あったらお伝えします。




【2006/06/10 18:17】 | Aya #- | [edit]
Ayaさん、こんにちは。
イボ完治、おめでとうございます!
こちらこそ、Ayaさんには色々と楽しいお話をさせて頂いて、感謝!感謝です!
新天地カナダでも、そのエネルギッシュな性格で、きっと友達の笑いの輪の中心にいらっしゃるのでしょうね。
こちらは、高温多湿の夏が間近になってきました。
カナダの地が羨ましく思います。(^o^)
現地での楽しい出来事などありましたら、是非教えてくださいね。
【2006/06/10 19:09】 | 青峰 #- | [edit]
 さっそく驚くことありました。

日本語の「ありがとう」がポルトガル語だったということが

判明しました。どうも、鉄砲伝来の1543年ごろ渡来した

ポルトガル語のようです。「アルガート」という

Thank Youが日本語に変わって「ありがとう」になったら

しいですよ。

ではその昔はなんと感謝のとき言っていたんでしょうね?

日本語は主語、目的語も省かれるときがあります。

おまけにサンキュウも以心伝心だったのでしょうか?

【2006/06/12 14:17】 | Aya #- | [edit]
うちの実家のあたりでは、二毛作って言うんでしたっけ?田んぼで、1年に稲と麦の両方を栽培しています。ゴールデンウイークに帰ると、麦刈りの時期で、わらの畑が次に帰るときには、緑のじゅうたんになっています。一方で、稲刈りの後は、田んぼを焼きます。文字通り「畑」になるんですね。京都の山奥に下宿していたことがありますが、そこは冬に雪もそこそこ降るからでしょうか、二毛作はしていなかったと思います。田植えの時期が1ヶ月以上違いますよね。そういえば、昔はかえるの鳴き声が子守唄代わりになっていましたが、友達は、うるさくて眠れないと言っていたな~。
【2006/06/14 13:44】 | 希彩 #- | [edit]
先ほどのコメント、違う場所にブログのURLを入れてしまいました。
【2006/06/14 13:48】 | 希彩 #- | [edit]
AYAさん、こんにちは、もとい有り難うございます。
このコメントが、遠くカナダの地まで届いていると思うと何だか感動してしまいますね。
色々と環境が変わって、日々、新しい発見等があって、毎日が充実されていそうですね。(^o^)
生活の方も大分一段落されましたでしょうか?
こちらはいよいよ蒸し暑くなってきましたよ~。

【2006/06/14 22:23】 | 青峰 #- | [edit]
希彩さん、こんにちは!
初コメント有り難うございます。
僕の田舎は、葡萄や林檎等の果樹園が周りに広がっています。
遠くには浅間山を望むことができ、浅間山の噴火した折などよく噴煙が見えたものです。
もちろん、カエルの大合唱はすごいものがありますよ。
真っ暗な夜道だと、むしろカエルの鳴き声があった方が、僕の場合、寂しさが紛れてホッとする気がします。
【2006/06/14 22:36】 | 青峰 #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://keijyudou.blog20.fc2.com/tb.php/103-a9f96889
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)