タイトル画像

帝王切開

2006.09.07(13:38) 117

最近の話題としては、秋篠宮妃紀子さまが男子をご出産し、どこの報道局もおめでとう!一色です。
それに伴って、よく耳にするのが「帝王切開」という言葉。
普段、あまり気にとめずに使っている言葉ではありますが、「切開」の意味は分かるとして、「帝王」というのは何のことを指しているのでしょうか?

そもそも帝王切開の元になったラテン語を"sectio caesarea"と言います。
(sectioは「切開」、caesarea は「切られたもの」という意味があります。)
この"sectio caesarea"をドイツ語にすると"Kaiser shinitt"という語句になります。
西洋医学がドイツから日本に伝わる際、この"Kaiser shinitt"も当然伝わってきたわけですが、これを日本語に訳す時に、"Kaiser"に「分離する」という意味のところを、「カイザー=帝王」と間違って訳してしまい、これがそのまま「帝王切開」の由来となったとの説が有力です。

ちなみに日本で最初に帝王切開が行われたのは、1641年(寛永18年)、肥後の国(熊本県)で、人吉藩の藩主相良頼喬が生まれる際に帝王切開が行われたされておりますが、実際のところは定かではありません。
詳細な記録が残るもので、最初に成功したケースは、1852年4月25日、伊古田純道、岡部均平という二人の医師によって秩父郡我野正丸(現在の埼玉県飯能市坂元)に在住、本橋常七の妻、み登の出産の際に帝王切開が施された例です。
難産により、母体の生命があやうくなってきたために、帝王切開に踏み切り、胎児はなくなってしまったものの、母親の方は一命を取り留め、その後89歳の天寿をまっとうしたそうです。
当時は、麻酔の技術も消毒の手段も確立しておらず、まさしく命がけの手術でありました。
この時のことを伊古田純道は「子宮截開(せっかい)術実記」という書物に記載しております。

もともと帝王切開というのは、母親が亡くなった後に、その身体から子供を取り出すと言うことから起こったもので、そこには母の死が必然とされていました。
今や、本邦における帝王切開分娩における死亡率は0.029%だそうです。
日本の産婦人科領域ではおおよそ15%の確率で、帝王切開が施されているようです。
しかし、いかに医学が進歩しようと、10ヶ月もの間、お腹の中に命を宿し、産むというのは、やはり大変なことですよね。
スポンサーサイト


天長地久 ~長野県東御市から送る鍼灸師の日常~


<<月食 | ホームへ | 力士雷電>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://keijyudou.blog20.fc2.com/tb.php/117-10ff85da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)