タイトル画像

コバンソウ

2006.09.14(17:12) 123

小判草3

先日、知り合いの方から頂いた小判草のドライリーフです。

小判草1


名前の由来は、一目瞭然です。
名前からして、日本に古くから自生しているものと思いきや、もとは、ヨーロッパ原産で、日本に入ってきたのは明治頃なんだそうです。
ちなみに花言葉は『興奮・金持ち』です。
なるほど!花言葉にも納得ですね。
スポンサーサイト


天長地久 ~長野県東御市から送る鍼灸師の日常~


<<季節の便り | ホームへ | 惑星のはなし>>
コメント
小判草の花言葉は、金持ち・興奮ですか~
最近もゲームでチンクルだかなんだか・・・・
お金をためるゲームが出ていますよね
いつの時代も老いも若きも先立つものは、まず
お金!なんですかね~?
せめて僕も小判草を・・・
と思いましたが枯れたら悲しいので
貯金って事で私は押し花にでもしましょう
(ToT)/~~~
【2006/09/14 23:56】 | ハマチ #- | [edit]
ここ数日、ものすごい勢いでブログを書かれていますね!
しかも、物知り博士!(学士ですね。)
花言葉の「金持ち」と「興奮」はある意味、類義語ということでしょうか?!花言葉も面白いですね。
【2006/09/15 13:38】 | 希彩 #- | [edit]
ハマチさん、こんにちは。
小判草のほかに大判草というのもあるそうですよ!
どうせ押し花にするなら、大判草はいかがですか?
【2006/09/15 23:22】 | 青峰 #- | [edit]
希彩さん、こんにちは。
普段はついついかまけてしまうブログの更新・・・。
ちょっと書きだめをしておこうと思いまして(笑)。
ちなみに僕は、生まれてこの方、小判草の花言葉のような興奮は味わったことがありません。
【2006/09/15 23:33】 | 青峰 #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://keijyudou.blog20.fc2.com/tb.php/123-2d38d27e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)