タイトル画像

公孫樹(イチョウ)と胃腸

2006.10.23(22:52) 129

霜降も過ぎるとさすがに、日中でも冷えるようになりました。
街で見かける街路樹も少しずつ色づいてくるようになってきましたね。
ところで街路樹というと皆さんはどんな木を想像されますか?
ちなみに僕の住む、この神奈川県横浜市の県木はイチョウの木です。
青々と繁るイチョウの葉も良いですが、やはり黄色に色づいたイチョウ並木は、思わず足を止めて見入ってしまう美しさがあります。
公孫樹



一般にイチョウを漢字で表すと「銀杏」と書くのが一般的かと思います。
銀杏」は“ギンナン”と呼ばれることもあり、よく茶碗蒸し等の具に使われています。
このイチョウの実であるギンナンの語源は、その実の形がアンズに似て、殻が銀白であることから由来しているそうです。
これとは別に、イチョウを「公孫樹」と書くこともあって、こちらの由来は植えてから実がなるまでには、孫の代までかかると言うことからこの名前が付けられているそうです。

僕などは「公孫(こうそん)」と見ると、真っ先にツボの名前を連想してしまいます。
丁度、人間の身体を縦に流れる12本のツボの流れ(経絡)の一つに、足の太陰脾経と呼ばれる流れがあります。
名前の中にある脾という蔵府は、今で言うところの消化器系や造血などに携わるとされていて、人の身体の中心にあたる役割を担っています。
公孫穴」は、そのツボの流れの4番目にあるツボです。
この公孫穴は、さらに他のツボの流れとの連絡していて、治療の上でよく反応が出ていたり、使用する頻度も高いツボの一つであります。
まさしく木のイチョウではないですが、ツボとしての公孫も胃腸つながりなんだなぁ、なんてどうしようもないことを思ってしまう今日この頃です。

ちなみに銀杏(ぎんなん)は、漢方では古来より咳止めや、夜尿症・頻尿等の症状で用いられていました。
最近ではボケ防止効果もあるというような事も言われているようです。
しかし、ギンナンには神経に作用するビタミンB6の作用を妨げるような軽度の毒性物質が含まれているので、極端に食べ過ぎると痙攣を起こすこともあります。
特に、小さいお子様などは、大人ほど解毒能力が発達していないので注意が必要です。
ボケが改善されるからと言って、必死になって食べ過ぎてはいけないようです。
スポンサーサイト


天長地久 ~長野県東御市から送る鍼灸師の日常~


<< | ホームへ | >>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://keijyudou.blog20.fc2.com/tb.php/129-900d11fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

イチョウ- bgcolor=&quot;lightgreen&quot;| 学名- align=&quot;center&quot;|Ginkgo biloba L.- bgcolor=&quot;lightgreen&quot;| 和名- align=&quot;center&quot;| イチョウ- bgcolor=&quot;lightgreen&quot;| 英名- align=&quot;cent
  1. 2007/09/14(金) 19:23:22 |
  2. 漢方薬の材料