タイトル画像

2006.10.27(13:15) 130

が赤くなると医者が青くなる」
柿


の美味しい季節になりました。
皆さんは、柔らかく熟したの実とシャキッと歯ごたえのあるの実、どちらがお好みですか?
聞く人によって、答えはまちまちですが、僕は歯ごたえのある実が好きです。
写真の中にある一際大きいは「太秋柿」という品種で、見ての通り通常の柿の1.5~2倍の大きさの柿です。
熊本県がその産地ですが、最初見たときはあまりの大きさにビックリしてしまいました。

柿と言えば、冒頭に挙げたように、ビタミンCとビタミンAを豊富に含んだ栄養価の高い果物で、お酒を飲む前に食せば悪酔いしにくいとか、二日酔いにも効き目があるとされ、飲んべえさんには誠に心強い食べ物と言えるかも知れません。
かの石田三成が処刑される前、柿を勧められたところ、「柿は痰の毒になるから」と言って固辞したエピソードがありましたが、実際には去痰(痰を取り除く)作用があり、風邪引きで痰の切れが悪いときなどは、この柿を食べる事が良いとされています。
しかし、美味しいからと言って、食べ過ぎれば身体を冷やし、消化不良や便秘、或いは妊婦さんなどでは流産しやすくなると昔から言われていました。
なんでも過ぎることは良くないと言うことですね・・・。

ところで、新改築した劇場で最初にやる劇や映画公演のことを「柿(こけら)落とし」なんて言います。
この「こけら」という字に柿と言う字が使われていますが、一説によると「こけら」と「柿」の漢字はそれぞれ異なる漢字であるという考えもあります。
それぞれの漢字をより詳しく見ていくと、「こけら20061027134230.jpg
となり、字画は8画です。(木)+(ー)+(冂)+(I)=”こけら
「かき」は20061027134315.jpg
で、字画は9画になります。(木)+(亠)+(巾)=”かき”
現在のJISの基準では、これらの漢字に明確な違いを裏付ける根拠がないと言うことで同様の漢字として扱われています。
蔵府も名称を表すという字がありますが、常用漢字ではこの漢字の右側のつくりはshi
となっています。
しかし、もともとの成り立ちを考えるとhai
の字が正確なのだと思います。
もともとhai
は、腰に巻く帯(ー)の下から、巾(まえかけや膝かけのような布)が垂れている様を表し、その読み方も”ハイ”と読みます。
東洋医学の生理からすると、は蔵府の一番高いところにあって下の蔵府に気を散布すると言う性質を持っていますので、まさしく前掛けのように下に垂れて表面を覆うと言う状態にピッタリ符合します。
とは言っても、いまはと書くのが正式な漢字になるので、お間違いないよう。

スポンサーサイト


天長地久 ~長野県東御市から送る鍼灸師の日常~


<<読書週間 | ホームへ | 公孫樹(イチョウ)と胃腸>>
コメント
風邪をひいたので、ビタミン摂取しようと頂いた柿を3~4個食べ過ぎたら案の定、強烈便秘になりました
(T^T)。ちなみに自分はフニャフニャ柔らかい柿が好みであります。
【2006/10/27 19:11】 | らくだ #- | [edit]
らくださん、こんにちは。
昨夜は10数年ぶりに会った友人とお酒を酌み交わし、早速今朝は柿のお世話になってしまいました。
効果は絶大なようです。v-411
【2006/10/28 10:56】 | #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://keijyudou.blog20.fc2.com/tb.php/130-44f564aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)