タイトル画像

五果ポッキー

2006.11.13(23:01) 139

もう過ぎてしまいましたが、11月11日はポッキーの日だったそうな・・・。
1111と数字が並んでいるのが、ポッキーの形を表しているんだそうです。

先日、ふと立ち寄ったお店で、普段あまり買うことのないお菓子ですが、思わず衝動買いをしてしまいました。
このお菓子は、昔は遠足に行くときなどに良く買ったものですが、お菓子そのものを買うことが少なくなったので、食べるのも本当に久しぶりです。
ポッキー黒五・五果

五果」という単語を、こうしたお菓子のパッケージに
見るなんて思いもよりませんでした。
ポッキー五果

五果というのは李(すもも)杏(あんず)棗(なつめ)桃(もも)、栗(くり)の五つの果物のことをいいます。
それぞれ、五蔵を養う果物といわれ、李=肝、杏=心、棗=脾、桃=肺、栗=腎にそれぞれ対応しています。
どんな味がするものなのかと興味を引かれていましたが、食べてみると意外にクリーミーで、なかなか乙な味でした。

しかし、これら五果という考えが取り入れられた時代は、まだ砂糖の様な甘いものは無く、こうした果物こそが甘味を味わう一番の御馳走だったのではないかと思います。
今の時代のように砂糖で加工されたお菓子に事欠かない時代に於いては、むしろ我々が口にするものは甘い物を摂りすぎている傾向にあります。
ですから、五蔵を養うからと言っても、味の本質は甘味になりますので、やはり食べ過ぎてはいけないようですね。
スポンサーサイト


天長地久 ~長野県東御市から送る鍼灸師の日常~


<<敬神暦 | ホームへ | 丹波 山の芋>>
コメント
最近のお菓子には一風変わったテイストの、しかも季節限定商品がいろいろありますよね~。今日はスーパーで南瓜風味のキットカットを見かけて、おおっ!とは思いましたが結局買いませんでした(^^;)。黒五ポッキーというのがあって食べてみたら、これは微妙にごま油な味でした。。
【2006/11/14 19:51】 | らくだ #- | [edit]
らくださん、こんにちは。
変わったテイストのお菓子と言えば、やはりご当地のお菓子!
僕の田舎、長野には信州ならでは野沢菜風味の「おっとっと」があるんですよ。
地方などに行くと、買う買わないは別にして、ついついそういった変わり種お菓子に目がいってしまいます。(笑)
【2006/11/15 00:31】 | #- | [edit]
先生の田舎は長野ですか~
僕は佐渡なんですが、コシヒカリアイス?かな
クリーミーなんですがちょっとツブツブ
それでも行くとやっぱり食べちゃうんですよね~
やっぱり鮮度が違うんですかね~(笑)
【2006/11/17 23:31】 | ハマチ #- | [edit]
ハマチさん、こんにちは。
ハマチさんは佐渡なんですね。
佐渡と言えば、最近佐渡金山が世界遺産の登録の候補に挙がっているとか・・・。
僕も学生時代、友人と佐渡に遊びに入った事がありましたが、あの時食べた蟹の美味しさは忘れる事が出来ません。
また、行ってみたいですね~。
【2006/11/21 21:42】 | #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://keijyudou.blog20.fc2.com/tb.php/139-a754be38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)