タイトル画像

漢字の日

2006.12.12(23:28) 149

今年の漢字は「命」 誕生、自殺...大切さ痛感

毎年恒例となっている今年一年を象徴する漢字が発表され、今年はと言う字に決まったそうです。
確かに今年は「」の重さを考えさせられるような出来事が多かったですね。
とりわけ、いじめを苦にした自殺のニュースを目にすると切なくなってしまいます。

」という漢字の字源を探っていくと
命象形

と言う字は、令と口と言う字によって構成されています。
この中でと言う字は礼冠を戴いて、ひざまずいて神様のお告げを待っている様を表しています。
そこから令と言う字自体には”神の啓示”という意味合いも含まれています。
そしてと言う字は、祝?を納める器になります。
つまりは、この二つの文字が合わさると、神に祈りを捧げ、その啓示により与えられたものが
命

となるのであります。
人の寿命というのは天から与えられるものであるという考えが、そのまま漢字として表されています。
いつも漢字が凄いなあと思うのは、たった一文字でそのものの事象が全て凝縮されている点です。
天より与えられた命は、それが他人の命でも自分の命でも決して蔑ろにしてはならない、という意図がこの「命」という漢字に読み取れる気がします。
スポンサーサイト


天長地久 ~長野県東御市から送る鍼灸師の日常~


<<はらのなかのはらっぱで ~針聞書~ | ホームへ | 鍼供養>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://keijyudou.blog20.fc2.com/tb.php/149-881c34b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)