タイトル画像

ヴァレンタインアレンジ

2007.02.08(23:36) 159

2月8日の今日は「針供養の日」ですね。
「2月にあるイベントで真っ先に思いつくのは?」と尋ねられて、すぐに「針供養!」と出てくる人はよほどの変わり者か、ちょっとひねくれ者かも知れません。さすがの鍼灸師といえども、そんな人は滅多にいません。
大方の人は、2月3日の節分や、2月14日のバレンタインデイが思い浮かぶのではないでしょうか。
昔からあった節分はともかくとして、殊バレンタインデーに関して言うと、そもそも日本でチョコレートを贈るなんて習慣が始まったのは、1958年に東京のとあるデパートがバレンタイン・セールと称してチョコレートを売り出したのが最初と言われていますから、たかだか半世紀の間に2月の代表的な行事としてしっかりと根付いてしまったわけです。
とは言っても、僕にとっては今まであまり縁のないイベントでしたが、今年はバレンタインにちなんだフラワーアレンジメントのレッスンがHotel Cosmo Y.で開催されるとのことで、前回のリース作りに味を占め、またまた参加させて頂きました。

今回のフラワーアレンジメントのコンセプトとしては、ずばり
”シックな小箱に想いを込めて・・・お花とチョコレートのコラボレーション”
だそうです。
もちろん、受講される方は女性がメインとなるので、当然男は僕だけとなりました。

小箱

まず、小箱の中にチョコレートを配置して、その周りを
チューリップ

チューリップ
ガーベラ

ガーベラ
カーネーション

カーネーション
スイートピー

スイートピー
スプレーバラ

スプレーバラ
ラナンキュラス
チョコレートコスモスなどのお花で敷きつめていきます。

ヴァレンタインアレンジ(1)

花の色合いやバランスなどを考えてそれぞれに配置していくわけですが、これがなかなか難しくて、とても周りの方のように上手くはいきませんでしたが、そこはお花本来の美しさで何とかフォローしつつ、一応の完成をみました。

何はともあれ、自分で作った物となると出来はどうあれ、愛着が湧いてくるものです。
”思いを込めて”と言うコンセプトですので、皆様の健康を祈念して、バレンタインの日までは、しばらく飾っておこうかと思います。
ヴァレンタインアレンジ(2)

スポンサーサイト


天長地久 ~長野県東御市から送る鍼灸師の日常~


<<じゃばら飴 | ホームへ | 悠久の美>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://keijyudou.blog20.fc2.com/tb.php/159-3112376c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)