タイトル画像

天高く馬肥ゆる

2005.09.29(19:37) 21

秋ですね。
今日は空も澄んで気持ちのいい一日でした。
秋空

お昼頃に用事があって、外に出ておりました。
その時に空を見上げたら、あんまりにも綺麗だったので一枚撮ってみました。

天高く馬肥ゆる秋にまつわるお話しを少し。
よく木火土金水と言う言葉をお聞きになったことがあると思うのですが、これらは五行と呼ばれ、自然界の基本的な現象や事象をこの五つの要素の中に組み込んで、万物の働きを説明しようとする考え方であります。
木火土金水は四季にも当てはめられていて、春ー木、夏ー火、金ー秋、冬ー水、各季節の18日間(土用)ー土と言うふうに関連づけられています。
同じように五畜と言うものがありまして、昔の人の生活において馴染みの深い動物もこういった五行に当てはめられています。
五畜は木ー鶏、火ー羊、土ー牛、金ー馬、水ー豚と言う組み合わせになっています。
ここで、金に目をやると季節では秋、そして五畜では馬というふうになっています。
つまり馬肥ゆる秋、と言うのも、金という性質を同じくする秋と馬の関連性を示している様に思えます。
もともとこの「天高く馬肥ゆる秋」と言うのは、中国で生まれた故事で、秋になると、逞しくなった馬に乗って北方民族が襲来してくることが多かった為、それに備えた守りを固めましょうと行った内容で使われていたそうです。

我々が、この言葉を聞いてそう感じる必要はありませんが、これからの季節は、日中は過ごしやすい分、朝方や夕方は冷え込みも強くなります。
東洋医学では、乾燥した冷気などを身体に受けた場合、その人が極度に疲れていたり、身体の状態が万全でなかった時には、呼吸器系に関する部分に障害をきたしやすいと考えています。
そう言った意味で、自分の身体の備えをしっかりと固める心づもりは必要かも知れませんね。
スポンサーサイト


天長地久 ~長野県東御市から送る鍼灸師の日常~


<<日曜日は・・・ | ホームへ | お灸>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://keijyudou.blog20.fc2.com/tb.php/21-86af5da7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)