タイトル画像

魔女の一撃(下)~腰痛~

2008.07.03(11:35) 210

腰痛治療において、実際に痛みがある腰周辺の所見を診ることも大事ではありますが、それ以外に腰痛の反応を探る、あるいは治療に欠かせない場所があります。
それは、下腹部にあって、丁度鼠径部と呼ばれる部分であります。
正確には、上前腸骨棘付近と呼ばれる下腹の前面横側に張り出した骨の部分から、恥骨結節という下腹部の底面で骨盤の上際中央に至るまでの間になります。
我々はこの部分を「ムノ」という専門用語で呼んでおりまして、この「ムノ」というのは腰仙部症候群の略符号YSを点字読みした際に付けられたものです。

腰痛の際などには、この鼠径部「ムノ」に著明な緊張や圧痛が現れていることが多く、慢性の腰痛をお持ちの方であれば、この鼠径部に沿って数珠のような凝りが列をなしている場合もよく見受けられます。
また、「ムノ」の所見は、腰痛だけに限ったものでなく、膝の痛みや、股関節の痛み、便秘・生理痛などの反応もよく現れる箇所で、下半身全般に及ぶ症状の診断点・治療点として非常に重要な診所であります。

またこの鼠径靱帯上には、下記に表すように各経絡のツボが所狭しと並んでいます。
ムノ


これら鼠径部にあるそれぞれツボを取り上げて、ひとつひとつ、その由来をみていきますと、
まず下腹部の一番外側にある「五枢」と言うツボの由来は、「五」が「五臓六腑」の「五蔵(肝心脾肺腎)」、「枢」は中枢・枢要という言葉にありますように、五蔵の気が集まる重要な部分であるという意味からきています。
その五枢の下に位置する「維道」には、「維」は連接、「道」は通り道という意味があります。
これは、このツボが足の少陽胆経と腰をグルリと回る帯脈という経絡を繋ぎ、身体正面の気の通り道となっていることによります。
「府舎」は、「府」が集まるという意味を持つほか、「五臓六腑」の「府(胆小腸胃大腸胆膀胱三焦」の気を意味していて、それが「舎」つまりは留まる場所であると言うことなります。
「衝門」は、衝撃・衝動というように、「衝」には突き上げるという意味があり、この辺りは丁度動脈の拍動を触れる部分でもあり、下腿からの足の太陰脾経の経絡がお腹に入り込み、衝門はその門戸となる部分になるわけです。
「気衝」は、衝脉という経絡の出発点であり、この衝脉は身体の血を一身に集め、調整する経絡で女性においては妊娠・月経などに深く関与しています。
「横骨」は、恥骨のことを指し、このツボはその恥骨上に位置していることからこのように命名されています。
「曲骨」も、やはり恥骨のことで、恥骨はその形状が彎曲したもので、ツボの位置がその恥骨上にあるというのを表しています。

これらの経穴は各経絡の流れが様々に交錯している為、気血が集まる要所となり、それだけに経絡上に何らかの障害が起こった場合は、これらの経穴にまず滞りを来しやすいのです。

治療する場合は、ただ痛い箇所、つらい箇所だけに目を向けるのではなく、経絡の流れる道筋や、蔵府の特徴などを考慮しつつ、より多角的な情報を分析して治療を行っていきます。
そう言ったことから、診断治療の際、このナソに目を向けることで多くの臨床的価値を日々見出すことが出来ます。
スポンサーサイト


天長地久 ~長野県東御市から送る鍼灸師の日常~


<<しんの | ホームへ | 魔女の一撃(中)~腰痛~>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://keijyudou.blog20.fc2.com/tb.php/210-a9f70041
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)