タイトル画像

休日の過ごし方

2008.07.15(22:10) 215

先日の日曜日は下北沢に行って参りました。
下北沢

人づてに、とてもお洒落な雑貨屋さんや洋服屋さん、喫茶店がたくさんあると聞いていたので、機会があれば一度じっくりと回ってみたいなと思っていた街の一つでした。
それと、下北沢には劇場も多く、いつもどこかでお芝居を上演していると言うことなので、折角立ち寄るなら、そんなお芝居の一つでも見てみたいなと思っていました。

まず最初に立ち寄ったところは、下北沢駅から徒歩3分、一歩路地を入るとそこは、駅前の喧噪が嘘のような静かな住宅街。
下北沢裏通り

そんな町並みに溶け込むように佇む、一軒の喫茶店“mois cafe”。
mois cafe

古い住宅をそのままお店として改築しているだけあって、外観はもちろん、室内や置かれている小物などもレトロな雰囲気が漂っていて良い感じです。
木漏れ日からさし込む光が店内を優しく包み込んでくれて、とても心地よい気分になります。
時間が経つのを忘れて、持ってきた本をもの凄い勢いで読み進めていました。
あまりの居心地の良さについつい長居したくなりそうです。
mois cafe アイスカフェラテ


次に向かったのが、下北沢駅の前にあるその名も駅前劇場。
駅前劇場

丁度そこで上演するお芝居のチケットを購入することが出来ました。
チケット

映画鑑賞も大好きですが、こうして生で人が演じている舞台というのも、また迫力があって、演じている人の一挙手一動足から目が離せなくなります。
時々、舞台で演じている方と目が合うと、何故だかドキッとしてしまいます。
こういった感覚はなかなか映画では味わえないかも知れません。

お芝居を観た後は、下北沢の街をあてもなくブラブラと歩き回りましたが、お店の前を飾る寄せ植えや、店内の装飾など、どこも洗練されていて、とても参考になります。
まるで、おもちゃ箱の中を冒険するみたいに、どの路地を歩いていてもワクワクしてしまいます。
日が暮れるまで歩き回っても、まだまだ周り切れた感じはしませんでした。

最後に、密度の濃い一日を締めるのは、これまた大正ロマンを感じさせる洋館の中にある喫茶店“ミケネコ舎”。
ミケネコ舎

ここのお店のコーヒーとグレープフルーツのレアチーズケーキは美味しかった~。
たった一日で下北沢の街にすっかり魅了されてしまいました。
この日は、僕の中では本当に理想的な休日を楽しめました。
スポンサーサイト


天長地久 ~長野県東御市から送る鍼灸師の日常~


<<100スキ | ホームへ | ○○でできた・・・・>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://keijyudou.blog20.fc2.com/tb.php/215-9af237ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)