タイトル画像

あつさあたり

2008.08.09(00:21) 228

連日暑い日が続きます。
無意識でしたが、最近の冒頭、書き出しは暑さに触れていることが多いですね。
今朝の空1    今朝の空2
でも、日中は暑い暑いと言っても、ここのところ気持ちの良い朝が続いています。
そんな日は、早起きして空を見てみるのも良いものです。
上は今朝5時頃の空、下が今朝の7時頃の空です。
暦の上では立秋を過ぎ、暑さの時候見舞いを出す時は、もう「残暑見舞い」と言うことになるのですが、今日も都内は猛暑日を記録したとのこと、まだまだ暑中真っ只中です。

こんな日続きですから、やはり例年に増して暑気中りになる方も多いと聞きます。
“しょきあたり”、つまり“あつさあたり”と言うことになりますが、これを漢字一文字で表しますとあつさあたりなります。
この漢字は、音読みで“エツ”、訓読みで“あつさあたり”と読みます。

この内、右側の曷だけだと、“カツ“・“アツ”・“もとめる”・“なんぞ”と読みますが、漢字の持つ意味としては、読みのまま「もとめる」、「いのる」とか「そこなう」あるいは「なんぞ」、「いずれ」といったものがあります。
さらにの成り立ちを見ますと曰+カイに分けられます。
その内、は祈りの言葉を入れる為の器、%8A%BF%8E%9A%83J%83Cは人の骨を表します。
神への願いを納めた聖器に、人骨を用いる呪術によって、神様に祈り、願いが叶うことを求めているということになります。
祈りによってお願いをかなえてもらいたいという思いは、当然乞い願う、求めて止まないと言う感情を孕むことになります。
同じようにして曷を部首に持つ漢字に、喝・渇等がありますが、「口喝」と言えば喉の渇きで水を求める様、「渇望」なら強く望むと言う意味に使われています。
東洋医学で「消渇(しょうかつ)」と言えば、多飲・多尿・多食を特徴とする、今で言うところの糖尿病のような症状に対して付けられる病証名であります。

他にも曷に草冠を載っけると葛(くず・カツ)という漢字になります。
葛はマメ科の多年草で、その根は漢方薬の葛根湯として、馴染みの深い植物です。
葛は繁殖力旺盛であり、その生育力を買われアメリカでは緑地化推進の植物として積極的に植えられていたことがありましたが、長く伸びる蔓(つる)が他の木々に巻き付き、若木の生長を妨げになるなど、今アメリカにおいては、侵略的外来種の指定を受けているそうです。
よく外来種によって、日本固有の種が絶滅の危機に瀕していると言う話を耳にしますが、葛に関しては全くその逆もあるのですね。
大昔は、その長く伸びる蔓を加工して服として着ていたそうです。
加工された葛の蔓の服は、粗い生地であった為、葛巾(かつきん)と言って野人等の着る服とされていました。
こうした粗い布でこさえた服は、褐(あらいぬの・わたいれ・カツ)とも呼ばれ、後に葛の繊維色であった褐色と言う色を指し示すことになりました。

夏休み、行楽の後に肌が褐色に焼けている方を多く見かけます。
僕はもともと色白で、職業柄ほとんど屋内に閉じこもりっぱなしなので、健康的な褐色の肌というのに憧れてしまいます。
学生時代、陸上部で毎日外を走っていたのにも関わらず、あまり日焼けが残らない身体だったので、競技会に出た時は、あまり練習していない人に見えて、スタート前から何となく居心地悪く感じてしまいました。(笑)
その逆に、真っ黒に日焼けした人を見ると、無条件で速そうだなと感じてしまいます。
そんな心理は、僕だけじゃないようで、同じ陸上部の後輩がプールの監視員のバイトで全身黒人選手のように真っ黒黒の身体になり、そんな身体で競技会に臨んだものですから、周りの選手に随分と意識されてしまったようです。(本人にとってはプレッシャーだったそうですが・・・・)

蛇足ですが、日に焼けた肌を小麦色とも言いますが、改めて考えてみると小麦の色っていまひとつイメージが湧かないですね・・・・。
小麦色の由来ってどこから来ているのでしょうか?

日に焼けて褐色の肌になるのは良いですが、日に当たりすぎてあつさあたりの状態にならぬよう、お気をつけ下さい。
スポンサーサイト


天長地久 ~長野県東御市から送る鍼灸師の日常~


<<夏季休診のお知らせ | ホームへ | フェルメール展>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://keijyudou.blog20.fc2.com/tb.php/228-1faec745
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)