タイトル画像

夏季限定!

2008.08.12(20:07) 231

何が夏季限定かと申しますと、それはかき氷です。
先日は、自作のビールかき氷なるものを話題にさせて頂きましたが、今回は正統なかき氷の話題です。
そもそもかき氷自体、夏の風物詩でそれこそ夏季限定の扱いになろうかと思いますが、ここで言う夏季限定と言うのはかき氷屋さんの方です。
かき氷というと縁日や海の家などで見かけることが多く、かき氷のみを売り物としてお店を出している所は少ないのではないでしょうか?

横浜から横須賀線で一つ目の駅に保土ヶ谷と言うところがあります。
そこから徒歩5~6分の所に「村田屋」さんと言うかき氷屋さんがあります。
暑くなる頃になるとお店を開け、涼しくなってくる頃に店じまいという、まさに夏季限定の営業なんです。
ですので、8月のこの時期を逃すと、9月になる頃には、いつの間にかお店が閉まってしまい、食べれずじまいなんて事もあります。

先日、同じくここのかき氷の大ファンという患者さんから、お店が開店していたという目撃情報を教えて頂き、今年も一度は顔を出したいと思っていました。

そんな折、今日は午後から何軒か往診に回っていましたが、急なキャンセルで少しばかり時間が空いてしまいました。
丁度、次の往診先がかき氷屋さんの近くだったとひらめき、この時とばかり針路を急遽「村田屋」さんへと向けることとしました。

村田屋さん
果たして開店しているかどうか、お店の前に立つまでは不安ではありましたが、そこには一年ぶりに見た氷の暖簾が

古き良き昭和の匂いを感じさせる店内はいつもお客さんで賑わっています。
壁にはかき氷のメニューがズラッと並んでいて、イチゴやレモン、カルピスなんて言うのもあります。
その中でも、僕が大好きなのは氷クリームあずきです。
氷クリームあずき
シャリシャリの氷の下にはアイスクリームとあずきが隠れていて、スプーンで氷を崩しながらクリームとあずきを一緒にほおばって食べるのがまた格別なんです。
お店の中は冷房などありませんが、このかき氷を食べるとスーッと爽やかな風が吹き抜けるようで、暑さなど気にならなくなるから不思議です。

往診前に、ホッとひと心地つきました。

ひとまず今年も、このかき氷と再会を果たすことができ、思い残すことはありませんが、出来ればもう一度くらい食べれる機会があればなぁと思っています。
スポンサーサイト


天長地久 ~長野県東御市から送る鍼灸師の日常~


<<ただいま帰省中 | ホームへ | 夏季休診のお知らせ>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://keijyudou.blog20.fc2.com/tb.php/231-6a06b9f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)