タイトル画像

夏休みの宿題

2008.08.23(16:58) 238

お盆を過ぎると、ふと夏の終わりを思ってしまうことがあります。
こんな時、学生であれば夏休み前に学校で出された宿題を思い出し、夏休みの残り期間を数えては、遊びたい気持ちと宿題を片づけなければいけない現実との狭間で、葛藤に苦しむ所でしょう。
さすがに、社会人ともなると、そんな夏休みの宿題にみられる8月31日の追い込みなどは遠い昔の話になりました。

などと、思っていましたら、今年の春頃に、僕の所属する学会におきまして、現在使用しているテキストの副読本を作るという企画が持ち上がり、それぞれが各章を分担する事となりました。
わかりやすい経絡治療

その提出期限が丁度8月の31日

春の段階で、まだまだ随分と余裕があるなあとタカをくくっていましたら、この通り、恥ずかしながらこの年になって夏の追い込みをしなければならなくなりました

先日は有難くも担当の先生から、提出期限の確認のお知らせまで頂き、いよいよお尻に火がついてきた格好となりました。
診療後は、ここの所ずっと缶詰状態で副読本に取り組んでいます。

しかし、こうしたことで改めてテキストを見直し、更にそれを自分の言葉で解説を加えていくというのは本当に難しいことなのだなと感じました。
頭の中で分かっている事でも、いざそれを文章にして書き表そうにもなかなか言葉が出てきません。
また、ちょっとした事柄や用語なども、本当にこれで良かったかな?と、もう一度基本に立ち返っておさらい、確認しているので、大変良い勉強になっています。

とは言え、8月最後の日曜日まで持ち越さぬよう、なんとしてもこの数日で仕上げたいと思います。
スポンサーサイト


天長地久 ~長野県東御市から送る鍼灸師の日常~


<<経穴研究会 | ホームへ | ジョギングコース>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://keijyudou.blog20.fc2.com/tb.php/238-47397d86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)