タイトル画像

生まれた日の一面

2008.08.27(22:29) 240

皆さんは、自分が生まれた日に、世間ではどんな出来事があったかご存じですか?
東京にある八重洲ブックセンターの、店内フロアの一角には、そんな疑問に答えてくれそうな、ある自動販売機が設置されています。
一体それは何かと言いますと、過去の新聞の一面をプリントアウトしてくれる自動販売機なのです。
八重洲ブックセンター自動販売機
題して、「生まれた日の新聞をコピー致します。」といった代物であります。
自分の生まれた日、果たして世界ではどんなことが話題になっていたか?、今まではそんな事など微塵も考えたことはありませんでしたが、この自動販売機を見た途端、沸々とそんな思いが芽生えてしまいました。
一部400円で、指定した日の新聞のトップ面、もしくはテレビ欄を印刷できます。

仮に、プリントアウトされて出てきた一面の見出しが、「人類月面到着!!」とか「ベルリンの壁崩壊!!」なんて言う世界中が驚愕するようなものであれば、ちょっと嬉しいような、誇らしい気がしませんか?

果たして、その一面は如何に・・・・・・



新聞一面
丁度、僕が生まれたその日の新聞紙面によりますと、巷では何やらストライキに湧いていたようです。
もうウン十年も昔のことになりますが、僕が生まれた日の世の中の営みを垣間見るというのも、何かくすぐったいような、不思議な気持ちになります。

こんな風に改めて自分の誕生日の新聞に対面してみると、普段手にする新聞でも誰かにとっては誕生日や記念日になるわけで、そんな風に思うと、何気なく目を通すだけの新聞が貴重なものに思えてきます。

だからといって、手にした新聞をいつまで経っても手元に置いておくと、いずれ古紙回収の日に大変な苦労を負うことになります。
今や新聞紙に使われる紙は、ドンドンと軽量化が図られていて、現在一平方メートル辺りの重さが43gなんだそうです。
しかし一枚或いは一部は軽くても、それが1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月分と重なってくると、それはもうとんでもない重さです。

試しに今日届いた新聞の重さをザッと量ってみますと160g。
それが一ヶ月30日分溜まったとして、30日×160g=4800g(4.8kg)
つまり3ヶ月新聞を溜めると15Kg近い重さになるわけです。
実際には、これに広告も加わりますから、下手するとこの倍の重さの紙を溜め込むことになります。
更にこれを一年に換算すると、365日×160g=58400g(58.4kg)(この際、休刊日とかは計算に入れません。)
今度は、人間80歳まで生きたとして、80年×58400g=4672000g(4672kg)(4.672t)の新聞が印刷される事になります。
そんな計算をしてみると、塵も積もれば山となるなんて諺を実感してしまいますが、僕も新聞のように一日一日を大切に積み上げて、振り返ってみるとドッシリと重みのある人生だったと思えるよう日々精進したいと思います。
スポンサーサイト


天長地久 ~長野県東御市から送る鍼灸師の日常~


<<大雨時行~雷様の降臨~ | ホームへ | 経穴研究会>>
コメント
コメント返しに参りましたトモコです。
お好みホットケーキに感動です。笑。

この新聞を印刷してくれるの、すっごい興味深々です。自分の誕生日の欲しい~!一体その日に何が起こっていたかなんて、本気で考えたことは今まで一度もありませんでした。私が生まれたとき、父がトイレに入っていたことは確かだそうですが…全然嬉しくありません。苦笑。

※面白いブログでなのでリンクさせて頂いてもよろしいでしょうか?先輩はリンク募集されていらっしゃらない様子ですので、もちろん私のリンクは不要です。よろしくお願いします。

では、また遊びにきます。リアルでも是非再会いたしましょう!

【2008/08/29 11:31】 | トモコ #.15u0vK. | [edit]
トモコさん、早速のご来訪有り難うございます。v-10
僕の母よると、僕が誕生したその日、父はお酒を飲んでホロ良い気分で病院に訪れた聞きました。負けてませんよ~。

リンク有り難うございます。

是非是非、そのお好み焼き屋さんをご紹介下さい。
ちなみに、僕の治療院の近くにも美味しい沖縄料理屋さんがあるのですよ~ 
【2008/08/29 22:35】 | 青峰 #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://keijyudou.blog20.fc2.com/tb.php/240-16d5efe0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)