タイトル画像

おやき

2008.11.06(21:07) 257

信州の郷土料理と言ったら、“おやき”が有名です。
先日、「おやき」を頂いてしまいました。
おやき
「おやき」というのは、小麦粉やそば粉で練ったの皮の中に、色々な具を包み込んだお饅頭のような代物で、野沢菜やカボチャ、茄子、切り干し大根などを入れて頂きます。
もともと、山々に囲まれている信州では降水量が乏しく、米の代用品として蕎麦や小麦が多く栽培されていた事もあって、こうしたおやきが作られるようになりました。
各家庭で、作り方や入れる具などに様々なバリエーションがあって、おやきは正にお袋の味を代表するよう食べ物になります。

信州の人間にとっては、馴染みの深いおやき、スーパーやコンビニなどで普通に販売しています。

横浜ではまず目にする事がないので、ちょっと残念ではあります。
ちなみに僕はおやきの中では、野沢菜と茄子が好きです。

スポンサーサイト


天長地久 ~長野県東御市から送る鍼灸師の日常~


<<りんごのビール | ホームへ | くっつき虫>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://keijyudou.blog20.fc2.com/tb.php/257-dbe1b3c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)