タイトル画像

新製品

2009.01.21(22:19) 277

治療での一時、いつものように、ディスポーザブルの包装されている鍼を取り出し、治療にかかろうと思ったその時、いつも使っている鍼のはずなのに、何か妙な違和感が・・・
はっと、取り出した鍼を見てみると見慣れない付属品があったのです。
今まで使っている鍼は、筒(鍼管しんかん)の中に、そのまま鍼が収まっていたのですが、手にした鍼は柄(鍼柄しんぺい)の部分に、ソケットがついていたのです。

そう言えば、先日新しく鍼を購入したのですが、これが少し改良された新製品であったようです。
鍼新製品
手前が従来の鍼で、奧が新しくなった鍼です。

鍼に馴染みのない皆さんにとりましては、さしたる変化に思われないかも知れませんが、我々にとっては、鍼そのものの品質はもちろん、それを取り巻く品質の向上にはとても敏感です。
例えば、少し前まで鍼を包装している袋が開けにくいといった事がありまして、焦って無理に開けようものなら、中にある鍼を曲げてしまったり、先端を潰してしまったりと、非常にストレスに感ずることが多かったのです。
そう言った要望が多数あって、鍼業者の方はすぐに、開けやすい包装へと改良して頂きました。
鍼灸師という職業柄でしょうか?、僕の周りには、職人気質というか、非常にこだわりがある方が多く(人のことは言えませんが・・・)、業者さんも逐一そういった声に、応えるべく、様々な工夫を施して頂き、本当に頭が下がる思いです。

今回の改良も、従来の鍼だと、鍼管をつかって鍼を打とうとすると、先端にあるストッパーが邪魔になっていました。
改良によって、鍼柄のソケットを取り外しさえすれば、鍼管に入れた状態でそのまま鍼をする事ができ、一手間が省かれることになります。
案外、こうした一手間が無くなることで、治療に良いリズムが生まれて、集中力が増したりするものです。

やはり、道具は使いやすいに超したことがありません。
スポンサーサイト


天長地久 ~長野県東御市から送る鍼灸師の日常~


<<大晦日 | ホームへ | 2009年 新年総会>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://keijyudou.blog20.fc2.com/tb.php/277-38b2289f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)