タイトル画像

お盆休み

2009.08.19(18:42) 328

皆さん、お盆はのんびりと過ごされましたか?
お盆直前の地震や高速料金1000円の影響で長野までの道すがら、道路の混雑具合が心配されましたが、行きも帰りも時間帯をずらしたお陰でそれほどの渋滞に巻き込まれることなく、スムーズに帰省を果たすことが出来ました。

日差しの強い日中は別として、朝晩の涼しさは横浜の熱帯夜と比べようのないくらい快適なものでした。
窓を開けっ放しで朝を迎えると、半袖一枚でタオルケットではかえって肌寒く感じてしまいました。

この時期の郷里では、外を出歩くと林檎や葡萄、胡桃、桃といった様々な果樹が、収穫の秋を今や遅しとたわわに実っているのを目にします。
もも  くるみ
しかし、今年は長雨の影響でカブトムシが大量に発生して、葡萄はかなりの被害が出ているのだそうです。
僕などは小さい頃、近くの雑木林にハチミツを塗ったりしてカブトムシやクワガタを捕まえようと試みたことがありましたが、なかなかその姿すらお目にかかることが出来ず憧れの存在でした。
当時、友達の間で、小クワガタの雄5匹とカブトムシ1匹という高レートで取引されていて、クラスでカブトムシを持ってくるとちょっとしたヒーロー扱いだったのを覚えています。
カブトムシと言えば、男の子なら一度は飼いたいと思う夏の昆虫の王様的存在でしたが、こうした被害を及ぼすと言ったことは知りませんでした。
大人になった今、カブトムシに対する思いよりも美味しい葡萄へ大幅にシフトしていますので、これ以上の被害が出ることなく無事収穫を迎えて欲しいと切に願っております。

田舎では雑草取りやジャガイモ掘りなど、幼い従妹が嬉々としてお手伝いをしていた為、年長者としては怠けた姿を見せる訳にも行かず全身泥まみれ、汗まみれとなりました。
最後の方は首に巻いたタオルも大分様になってきたような気がします。
畑仕事
夕方からは、迎え火を焚いた提灯をもってお墓参りです。
提灯
夕方になると、赤とんぼが飛び始め、心地よい風が吹き始め、ひぐらしが鳴き始める、小さい頃から田舎のこの夏の夕方の時間帯がとても大好きでした。
一日の終わりを迎えるのに、これだけの演出はなかなか贅沢だと思いませんか。
スポンサーサイト


天長地久 ~長野県東御市から送る鍼灸師の日常~


<<高峰高原 | ホームへ | 暑中お見舞い>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://keijyudou.blog20.fc2.com/tb.php/328-c91bb0a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)