タイトル画像

高峰高原

2009.08.21(22:00) 329

お盆で里帰りをした際に、兄妹と妹の旦那さんと一緒に高峰高原と言う所に行ってきました。
実家からの距離はそれほどある訳でもないのですが、なにせ標高2000メートル、急勾配で曲がりくねった坂道が最初から最後まで続き、4人乗った車でやっとこさ到着することが出来ました。
何と言っても、今回の目的は標高2000メートルの雲上ではいる温泉です。

この日は、日差しが強く、何もしないでも汗ばむような陽気でしたが、標高が上がるにつれ段々とその暑さは薄らいで、頂上に到達する頃には半袖一枚だと少し肌寒いかなと言う感じ。
妹の羽織っていたカーディガンが羨ましく思いました。
高峰高原1
頂上はまさに雲を下に見下ろすような絶景でした。
急勾配と急カーブに四苦八苦しながら登った価値はありました。
何でも状況次第によってはここから富士山頂も望めるんだそうです。
そして、眺望と共に素晴らしかったのが、山一面を鮮やかに彩る高山植物の数々。
どこからかハイジが「ペ~タ~」とか言って走ってきそうです。
こうした高山に咲く花は、どれも麓に咲く花よりも彩りが深いように感じます。
以前、高所と言うのは、天候が急に変わる為、短い間に少しでも日光を吸収できるように色味が濃くなるのだと聞いたことがあります。
厳しい環境に自生する植物のたくましさに感動してしまいます。

高山植物1
山では丁度ツリガネニンジンの可愛い花が咲いていました。

高山植物2
サワサワと吹き渡る爽やかな高原の風を受けながら野原に佇むと、とてもお盆を迎えた真夏だと言うこと忘れてしまいそうになります。

ひとしきり高原を散策した後は、念願のお風呂へ。
雲上の大パノラマを見ながらのお風呂は本当に贅沢なものでした。

風呂あがりでさっぱりした後はビジターセンターのテラスで軽く喫茶を楽しんだのですが、ここで食べたソフトクリームがまた絶品で、甘い牛乳をそのまま味わうような濃厚なテイストなのに後味はそれほどしつこくないのです。
いままで食べたソフトクリームの中でも5本の指に入る位美味しかったです。
お立ち寄りの際は是非お勧めします。
ただ一つ、気をつけなければいけないのは、夏といえどもテラスでアイスクリームを食べるともの凄く冷えることがあるのでご注意を!
アイスクリーム
スポンサーサイト


天長地久 ~長野県東御市から送る鍼灸師の日常~


<<あげまんじゅう | ホームへ | お盆休み>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://keijyudou.blog20.fc2.com/tb.php/329-61363e73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)