タイトル画像

身の毛もよだつ話

2009.08.29(14:15) 336

富士急ハイランドに総延長1キロ、所要時間1時間にも及ぶお化け屋敷があるそうです。
あまり霊感とかは無いと自覚している僕ですが、人をいかに驚かすかと言うことを生業としているお化け屋敷。。。。決して、怖いという訳ではありません?が、好んで足を運ぼうという気にはなりません。
夏にはこうした肝試しで少しでも涼を求めるという気持ちは分からないでもないですが、僕の場合、涼を求めると言うより、お化け屋敷を出る頃には何か息も絶え絶えと言った感じになり、ドッと疲れてしまいそうです。
高校時代、部活の合宿で学校に寝泊まりした際、有難くもOBの先輩方が企画してくださった校舎内周遊の肝試し大会、あれが今までで僕のベスト肝試しです。
まあ、僕も下級生を脅かす立場になって、脅かす人が、誰もいない真夜中の教室の片隅で、人が来るのを待っている時間、そちらの方が断然怖いと気づいたのですが。。。

僕の知り合いにも、お化け屋敷の最初から最後まで、友達のシャツの裾をずっと掴んで歩いていた為、そのシャツが最後にはテロンテロンの何とも惨めな格好になってしまったなんて人もいます。

人間、何もお化け屋敷に関わらず、何か不安な気持ちになったり、恐怖に襲われる時にとる行動と言ったら、誰かにしがみついたり、自分の腕や肩を抱きすくめたりします。

もともと赤ちゃんの頃に、最も発達している感覚は、触覚(皮膚感覚)と嗅覚と言われています。
まだ胎児として母親のお腹にいる時は、母親の温もりや心臓の鼓動を全身の皮膚に感じながら10ヶ月の時を過ごす訳ですから、何よりも触覚が発達してくるのは当然と言えます。
ぐずる赤ちゃんをなだめる時には、優しく抱きすくめる事は、肌の温もりの中に赤ちゃんをスッポリと抱き、お腹の環境に少しでも近づけることで赤ちゃんを安心させようとする行為になります。
こうした肌の触れ合い(スキンシップ)は、後の成長にも大きな影響を与えることが最近知られてきました。
幼少の頃のスキンシップ不足がもたらされる影響として、健常な大学生に比べ、心療内科の外来患者(抑鬱や不安感の高い患者)の間では、心療内科に通う患者の方に、幼児期に両親からの身体接触量が少なかったと評価する人が多かったそうです。
山口創・山本晴義・春木豊 [2000][両親から受けた身体接触量と心理的不適応との関連」『健康心理学研究』13.19.28

もともと表皮・皮膚は、人の受精卵が様々な組織・器官に分化していく過程の中では、脳や神経と同じ由来になります。
ですので、皮膚への刺激は、脊髄や脳に直接的に働きかけ、感情、思考、自律神経、ホルモンの分泌におおきな影響を与えることになります。

いわば皮膚は、むき出しの脳とも言える部分でもあり、皮膚への良好な刺激はそのまま身体の持つ恒常性を強固なものとし、生命力の向上にも繋がっていきます。

鍼灸治療は、その長い歴史の中で、皮膚の秘めたる力を経験的に解明し、より理論的、効果的に構築していった結果が、ツボ(経穴)やツボの流れ(経絡)、それに関わる五臓六腑へと昇華していきました。
そして、鍼やお灸のような、皮膚表面への軽い接触によって、身体の変化を導き、人の持つ治癒力、生命力を最大限引き出していこうとする、人が、人の為に、人の身体に即した形で施すことが出来るのが鍼灸治療なのです。

ちなみに冒頭でもお話ししたように、人間は不安を感じると無意識の内に触覚を求めようとします。
例えば、小さな子供が指しゃぶりをしたり、肌触りの良いぬいぐるみを好むように、何かに触れていると言うことで、そこに安心感を見出しているという深層心理が働いているのです。
これは成熟した大人でも、悩み事や憂鬱な気分に陥った時は、ほおづえをついたり、額に手を置いたり、どこかしら身体をさすったり抱きしめたりすることがあります。
このような行為は、無意識で為されている場合が多く、相手の心理状態を把握する上で、精神科医や心理学者などが着目する点でもあります。

東洋医学では、皮毛は肺の主りであり、この肺という蔵府は憂い、悲しみの感情にさらされると、非常に変動が激しくなり、そのような心理的ストレスによって、肺と関連の深い皮膚に影響が及ぶ事からも、上述の事は理に適う現象と言えます。

とてつもない恐怖に遭遇すると、全身の身の毛もよだつと表現しますが、この「よだつ」とは、「益々」とか「いよいよ」という意味を持つ「いや(弥)」が、「いや立つ」→「よだつ」と変化したものです。
心理的な大きな負担が、皮膚を硬直させて細かい産毛までもがすべて立ち上がってしまう様になってしまう状態ですが、1時間近くお化け屋敷を彷徨うとなると、宮沢賢治の『注文の多いレストラン』に出てくる登場人物のように、立ち上がった毛がそのまま戻らなくなりそうですね。
スポンサーサイト


天長地久 ~長野県東御市から送る鍼灸師の日常~


<<あくびの神秘 | ホームへ | 横浜ベイスターズ>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://keijyudou.blog20.fc2.com/tb.php/336-1d7ff78d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)