タイトル画像

コクがあるのにキレもある

2009.09.03(23:17) 340

CDなどを中の音楽を聴くことなく、CDの装丁が気に入って購入することをジャケ買い、またはジャケット買いとも言います。
先日少し急ぎの用があって、目的地まで走って向かった事がありました。
無事目的を果たして、ホッとした帰り、ふと本屋の前を通り過ぎると、書棚の一番前にこのような本が並んでいました。

ビールの科学 (ブルーバックス)ビールの科学 (ブルーバックス)
(2009/03/20)
不明

商品詳細を見る


走って汗だくになった状態でこの表紙は反則です。
条件反射的に手に取り、気がついたらレジに並んでいました。

まさに衝動買いとはいえ、その中身はなかなか興味深いもので、日頃ただ流し込むようにして飲んでいるビールですが、この本を読んだ後で飲むとまた違った味わいが出てくるような気がします。

その中でも、良くビールの味を表現するのに使われる「コク」「キレ」ですが、今までは僕も何となくニュアンスで使っていたりしていましたが、この本の中にある具体的な解説によって、ようやくその味のイメージが掴めるようになりました。

ビールのコクとは、香味の強さ(濃さや力強さ)、広がり、ハーモニー(深さやまろやかさ、心地よさ)、ボディー感(飲みごたえ)を表現し、口に含んだ時の香味の総合的な強度を示します。

キレとは、香味の純粋さやシャープさ、軽快感やすっきり感を表現し、飲み込んだ後の香味の持続性や消失の速さを示します。



コク・キレをここまで深く見極めようと思ったことはありませんでした。
本には、今まで人間の感覚のみでこうしたコク・キレの評価をしていた所が、最新の技術を駆使して科学的な定量化が可能になっているという話もあり、まさにビールを片手につまみになるような興味深い話が目白押しになっています。

開発にたずさわる多くの方の苦労を思うと、日頃、飲むほどに正体を無くして「酔っちゃうともう何飲んでも分かんなくなっちゃうのよね~。」と言っている自分が急に恥ずかしく感じてしまいます。

スポンサーサイト


天長地久 ~長野県東御市から送る鍼灸師の日常~


<<“ハイ”便のお話 | ホームへ | 50周年記念円鍼>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://keijyudou.blog20.fc2.com/tb.php/340-50f6cbd3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)