タイトル画像

舌診撮影

2009.09.07(22:38) 342

東洋医学の診断の中には舌診(ぜつしん)といって、ベロの色や形、その上に載った苔の様子から、身体の状態を伺うという診断法があります。

今回、勉強会の中で、この舌診の研究をする事になりました。
班の中で交替で、患者役の人をたてて、鍼を刺す前と刺した後で、どのように舌に変化がみられるのかを写真で記録してまとめてみようという事になりました。
写真で記録を残すとなると、窓から差し込む光の加減など、その時の環境の変化で微妙に舌の色合いが変わってしまうと言うことも想定して、同じ条件下で舌の撮影が可能になるようにしなくてはなりません。
そこで、思いついたのが舌診撮影用の簡易ボックスです。
撮影する際は、モデルの顔だけを箱に入れて、完全に外界からの光を遮断して撮影すれば、同じ条件に設定できるのでは、と、その箱を作るべく、ホームセンターや100円ショップなどを練り歩き、材料となるものをあれやこれやと買い集めました。
材料
なにせ、毎月の勉強会に家から持参する為、持ち運びが楽になるよう、軽くて嵩張らないものに越したことはありません。
そこで、取り外し可能ですぐ組み立てできるような骨組みを作り、後はその骨組みに布を被せるだけであれば、と色々イメージは湧くのですが、いざ制作しようとなるとこれがなかなか一筋縄ではいきません。
中でも一番難儀したのが、骨組みにかける布で、普通の布では光が漏れてしまうので、厚めのジーンズ生地を用意してそれを寸法に合わせ裁断したり、つなぎ合わせたりと、四苦八苦です。
押入の奧から小学校の時の家庭科で使っていた裁縫箱を引っ張り出して、鍼を針に持ち替えてのはり仕事ですが、同じ“はり”だというのに全然勝手が違います。
裁縫道具 制作中
もう少し、器用に出来ると思っていたのに少し甘かったようです。
裁縫している最中、本気でミシンを購入しようかと思いました。

毎回、少しずつ問題点を改良し、今回の勉強会で使用したのが、3号機になります。
撮影ボックス
当初は前面を布で囲うつもりだったのですが、この3号機に至って、黒い発布スチールを壁として三方に配置し、カメラをセットする上面と頭を入れる面に布を被せるようになりました。
まだまだ改良の余地はありますが、なんとか撮影が出来そうな感じで仕上がってきました。

今だにホームセンターに行こうものなら、気がつくとこの撮影ボックスに使えそうな材料を探している自分がいます。
スポンサーサイト


天長地久 ~長野県東御市から送る鍼灸師の日常~


<<メロンパン | ホームへ | “ハイ”便のお話>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://keijyudou.blog20.fc2.com/tb.php/342-ed04b588
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)