タイトル画像

冷やし中華はじめました。

2010.06.10(23:27) 359

今日は暑かったですね~。

だんだんと夏に向かって蒸し暑い日が続く様になりました。
そんな夏が来れば、始まるのが冷やし中華。
中には一年中,「冷やし中華はじめました」の貼り紙が貼ってあるお店もありますが、この時期になるといよいよその貼り紙も説得力が出てくると言うもの。

と言う事で、巷よりは少し気が早いですが、冷やし中華をつくる事にしました。

今回のポイントとしては,使用する麺にパスタを使う事です。
パスタ

パスタを冷やし中華の麺として使うのはとてもミスマッチな感じがありますが、そこに、とある秘密兵器を用いれば、あら不思議!たちまち中華そばの麺として早変わりしてしまうのです。
この方法を教えてもらった時は、半信半疑でしたが、今では家でラーメンをつくる時等にもこの方法で、パスタをラーメンの麺代わりに使用しています。
さて、その秘密兵器とは....
お菓子作りの時等に使う重曹です。
重曹
作り方は簡単。
まずは通常のパスタを茹でる様にたっぷりのお湯にたっぷりの塩を入れ、そこに一人分なら小さじ一杯分の重曹を入れてパスタを茹でるだけ。
通常のパスタの茹でる表示時間より1~2分多めに茹でます。
パスタラーメン
茹でている途中から、生のラーメンの麺を茹でている様な匂いが立ち上ってきます。
見た目も、パスタが少しふっくらしてどこからどう見ても麺になっています。

この方法だと、通常の生麺を買うよりも安上がりで済むので、なかなか重宝しています。
ちょっとした化学の実験みたいで、面白いですよ。
皆さんも是非一度お試しあれ。
冷やし中華

スポンサーサイト


天長地久 ~長野県東御市から送る鍼灸師の日常~


<<夏の夜の楽しみ | ホームへ | 千一夜とアレルギー>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://keijyudou.blog20.fc2.com/tb.php/359-f2fe24f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)