タイトル画像

皮膚と免疫の関わり

2012.07.04(12:12) 369

哺乳類の体毛は免疫スイッチ…マウスで証明

我々が患者さんの身体を診察する際に、「触診」と言ってその方の皮膚のはり艶、潤いなどから、身体の調子を探る診方があります。
その際に、産毛の生え方等も重要な触診所見となります。
例えば、小さなお子さんで背中に産毛が集中していると、「風邪を引きやすい」、「喘息の症状を持っている」などの呼吸器系の弱りを、腰付近に産毛が集中していると「おねしょしやすい」のではないかと大雑把に見立てていきます。
論文の内容と、こういった考えの因果関係があるとは言えませんが、身体の弱い部分を産毛が補い守っているのかも知れませんね。
スポンサーサイト


天長地久 ~長野県東御市から送る鍼灸師の日常~


<<花壇 | ホームへ | ツバメ>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://keijyudou.blog20.fc2.com/tb.php/369-842fd897
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)