タイトル画像

重陽の節句

2013.09.09(08:02) 403

IMG_2993.jpg
東洋的な数字の考え方では、偶数は陰、奇数は陽となります。
その奇数のうち一番大きな数字である9が重なる9月9日は、とてもおめでたい日とされていました。
重用の節句には、邪気を払い長寿をもたらすとされる菊の花を飾ったり、食すことで長寿を祝います。
節句と言うと、1月7日の人日の節句、3月3日の桃の節句、5月5日の端午の節句、7月7日の七夕の節句等があります。
でも、重陽の節句はそれらの節句に比べると忘れがちになりますが、季節の節目を感じる事の出来る日本だからこそ、こうした行事は大切にしていきたいですね。
スポンサーサイト


天長地久 ~長野県東御市から送る鍼灸師の日常~


<<草露白し | ホームへ | ハロウィン>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://keijyudou.blog20.fc2.com/tb.php/403-e1468fe8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)