タイトル画像

金盞香く

2013.11.19(07:27) 430

IMG_3265.jpg

金盞花というとマリーゴールドになるそうですが、ここで言う金盞は水仙の事を指します。
金盞は黄金の杯と言う意味で、水仙の中心部の黄色い部分をそう見立てているそうです。
冬になると我が家の庭先にも水仙が咲き始めます。
夏場、雑草を含め、あれだけ賑やかだった庭の草木が枯れていきますが、ただ水仙だけは寒さに縮む事無く、凛々しく咲き誇る姿に、神々しさを感じることがあります。
水仙は、低温の条件下で花が咲くのだそうで、昔から冬の寒さに抗って咲く花としてお正月の縁起を飾る花として、昔から重宝されています。
水仙の姿にあやかって、寒さに負けずに、この冬を乗り切っていきましょう。
スポンサーサイト


天長地久 ~長野県東御市から送る鍼灸師の日常~


<<虹蔵れて見えず | ホームへ | 日本酒と蟹>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://keijyudou.blog20.fc2.com/tb.php/430-2960cc80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)