タイトル画像

橘始めて黄ばむ

2013.12.02(22:15) 437

IMG_3310.jpg

僕自身は身の周りで橘の木が植わっているのを見た事はありません。
ここで言う橘(たちばな)は、ミカンのような柑橘系の全般の果物と思っていいではないでしょうか。
橘と言うと、京都御所の紫宸殿にある「左近の桜」「右近の橘」が有名ですが、花開いてすぐ散ってしまう桜に対して、一年を通して葉が緑で、寒さの中に黄色の実を付ける橘は、桜とはとても対照的ですよね。
冬の訪れで、辺りが灰色に枯れていく景色の中にあって、青々とした葉を茂らし、黄色に色づいた実を付ける橘は、さぞや昔の人の目にまぶしく映った事でしょう。
外ではシンシンと雪が降り続ける中、家でコタツにあたりながら、テーブルの上に置いてあるミカンに手を伸ばす、そんな光景が冬ごもりには似合いますね。


長野県東御市
小児はり 逆子 安産
痛くないはり、あたたかいお灸
くるみ堂長岡はり灸院 
スポンサーサイト


天長地久 ~長野県東御市から送る鍼灸師の日常~


<<リンゴのゴ | ホームへ | 年末年始の治療ご案内>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://keijyudou.blog20.fc2.com/tb.php/437-92851259
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)