タイトル画像

閉塞して冬と成る

2013.12.09(08:15) 438

IMG_3322.jpg
いよいよ、本格的な冬になりました。
外の温度計が連日マイナスを表示しても、驚く事はなくなりました。
朝、扉を開けると、外の冷気が一気に部屋に入り込んで、身を縮めてしまいます。
そんな「閉塞して冬と成る」は、天と地の気が塞がる状態を言います。
東洋思想では、天の陽気は下に降り注ぎ、地の陰気は上へと立ち上り、天と地が常に交流しながら、自然界が成り立っていると考えます。
そのお互いの気が塞がると言う事ですから、天の陽気が下に降りず、地には陰気が充満する為、地上は寒くなる一方と言う訳です。
そんな陰陽の気が閉塞してしまう冬の朝は、大気を行き交う気が薄くなる事で、辺りの見通しが良くなることがあります。
今朝も普段見える山並みのさらに向こう側に、北アルプスの峰々が朝の光を浴びて、白く浮き上がって見えるようになりました。
写真ではなかなかお伝えできませんが、何とも幻想的な感じです。
寒い朝のちょっとした楽しみです。

IMG_3320.jpg


長野県東御市
小児はり 逆子 安産
痛くないはり、あたたかいお灸
くるみ堂長岡はり灸院 
スポンサーサイト


天長地久 ~長野県東御市から送る鍼灸師の日常~


<<熊穴に蟄る | ホームへ | リンゴのゴ>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://keijyudou.blog20.fc2.com/tb.php/438-af03ba1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)