タイトル画像

桃始めて笑く

2014.03.10(22:43) 467

IMG_3722.jpg
今日は、時折、雪の舞うような寒い日でした。
治療院の窓から外を見ると、まだとても春が来るとは思えないような景色でしたが、先日行った横浜や東京の方では、もうすでに梅の花が咲きほころんでいました。
長い冬を乗り越えて、咲き始める花を見ると嬉しくて思わず笑みがこぼれてしまいますね。
七十二候では、そんな春の先陣をきって咲く花として桃を取り上げています。
桃は古来から邪を払うとして縁起が良いとされています。
そこには季節の始まりの春を幸先よく迎えたいという気持ちもあるでしょうか。

「笑」と書いて「咲く」としている所も、春らしい感じがしますね。
「笑」には巫女が手を上げて舞いながら、神を楽しませる様を表していますが、花が咲くという意味も持ち合わせています。
皆様も笑みのあふれる健やかな春をお迎えください。



長野県東御市
小児はり 逆子 安産
痛くないはり、あたたかいお灸
くるみ堂長岡はり灸院 


スポンサーサイト


天長地久 ~長野県東御市から送る鍼灸師の日常~


<<菜虫蝶と化る | ホームへ | 3月の絵本>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://keijyudou.blog20.fc2.com/tb.php/467-21163420
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)