タイトル画像

紅花栄く

2014.05.27(10:47) 482

写真 4
いよいよ、この辺りでも田植えが始まりました。
緑色がまぶしい季節となりました。
最近は雨が続いていて、一足早く梅雨が始まった様な天気が続いております。
去年は、逆にこの時期の雨が少なかったので、今年は水の心配が無いといいのですが。
雨が降ると、草花がしっとり濡れて、緑が柔らかく映える様な気がします。
こうした雨の降った後は、普段は根がはってなかなか抜けない雑草も、一気に引き抜く事ができるので、草むしりにはもってこいです。

梅雨入り前の季節には紅花が咲き始める頃です。
紅花と言えば、昔から染料として栽培されていたのはよく知られる所です。
またお灸でも、紅花から作った生薬をツボ等に塗る「紅灸」と言った火を使わない薬物灸の一つで用いられる事もあります。
紅花の乾燥させたものは、血行促進の効用があるとされています。
こうした効能を活かしてお灸として活用されたのかも知れませんね。



写真 3
スポンサーサイト


天長地久 ~長野県東御市から送る鍼灸師の日常~


<<麦の秋至る | ホームへ | 蚕起きて桑を食む>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://keijyudou.blog20.fc2.com/tb.php/482-739262ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)