タイトル画像

腐草蛍と為る

2014.06.11(08:23) 485

写真 2
本格的に梅雨になりましたね。
最近、朝のジョギングも空模様と睨めっこしながら走っています。
今朝も今にも降り出しそうな厚い雲が立ちこめていたので、早々に切り上げて帰ってきました。
それでも蒸し暑い夏を思えば、まだまだ涼しくて動きやすいものです。

腐草は、腐った草が蒸れた様な状態になっている事を指すのでしょうか。
この時期は、田んぼの畦に刈られた雑草がうずたかく盛られていたりして、いつものジョギングコースも草いきれがムッと立ちこめる感じになっています。
「腐草蛍と為る」とは、そんな蒸れた草から蛍が出てくると言う表現しているんですね。
去年は、夜、家の近くの田んぼを散策していると、チラホラと田んぼの中を飛び交う蛍の光を見つけてすごく嬉しかったものです。
明かりなら、家や街の光もあって、そんなに珍しいものではないはずなのに、小さな小さな蛍の光は、どうしてあんなに心に染み入るのでしょうか?

写真 1

長野県東御市
小児はり 逆子 安産
痛くないはり、あたたかいお灸
くるみ堂長岡はり灸院 
スポンサーサイト


天長地久 ~長野県東御市から送る鍼灸師の日常~


<<梅子黄ばむ | ホームへ | 蟷螂生ず>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://keijyudou.blog20.fc2.com/tb.php/485-5b6212fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)