タイトル画像

春の七草

2006.01.07(10:50) 51

朝ご飯は七草がゆでした。
七草がゆ(1)


正月七日は五節句の一つで人日の日とされています。
この日に七草粥を食べて、その年の無病息災を祈念するという日でもあります。
ちなみに五節句というと他に3月3日の桃の節句、5月5日の端午の節句、7月7日の七夕の節句、9月9日の重陽の節句などがあります。
桃の節句や端午の節句に比べるとこの人日の節句というのはあまり耳慣れないかも知れません。
他の節句が奇数のゾロ目で覚えやすいというのもあるかも知れませんが、この人日の節句の由来は、古代の中国では正月の一日より鶏、二日には狗、三日には猪、四日には羊、五日には牛、六日には馬の順に獣畜の占いが行われ、七日目になって人の占いをすると言う習わしがあり、その日にあたる1月7日が人日の節句となったそうです。
更にその次の八日には殻の占いを行うことになっています。
この1月7日は、人間にとっての一年の運勢を占い、この日の天候も占いに大いに関係があって、晴天なら吉、雨天なら凶という風になっていたそうです。
本日の横浜の天候は真っ青な空の良いお天気です。
18年1月7日空模様


七草がゆは、今年一年が恙なく過ごせるよう、祈念して邪気を払う意味と、普段とちがってお正月ならではの豪華な料理が続き、少し緩みがちな気分を、日常生活に戻す一つの区切りとして、質素な七草がゆを頂くという意味もあります。
おせち料理で食傷気味な胃腸の状態に、ほっと一息といった所です。
七草を自分で摘んで用意するというのは、今はなかなか難しいと思います。
最近ではスーパーや八百屋さんに行くと、有難いことに七草がパックに入って売っています。
現在の七草は、
芹(せり)
薺(なずな)
御形(ごぎょう)
繁縷(はこべら)
仏の座(ほとけのざ)
菘(すずな)
蘿蔔(すずしろ)
で、漢字だとものすごく複雑な漢字になるのですね。
特に七草にこだわらずに、あり合わせの青物の野菜をお粥の具材にするのでも十分だと思います。

恥ずかしながら今まで知らなかったのですが、お粥を作る時のポイントとしては、煮ている時に、あまりお玉などでかき混ぜない方が良いのだそうです。
そうすると、一粒一粒がしっかりと立って、サラッとした食感のお粥になるんだそうです。
言われてみると、いつも自分でお粥を作ると、何だかベチャとした感じだったんですよね~。
他にも、お味噌汁を作る時も、グラグラ沸騰するぐらい煮てはいけないというのも知りませんでした。
料理って、奥が深いですね~。(と言うか、自分が知らなすぎるんですよね。)
スポンサーサイト


天長地久 ~長野県東御市から送る鍼灸師の日常~


<<韃靼そばふりかけ | ホームへ | 箱根駅伝>>
コメント
先日、初めてちゃんと七草入ったおかゆをご馳走になる機会がありました。実家でも1/7は何故かおじやだったし、結婚後も主人が大のおかゆ嫌いだったので自分で作る事がありませんでした。初めて食べる七草。この際ありがたくご相伴に預かろうと口に入れたとたん、上あごがめくれてしまいました。落ち着いて頂いてみると・・・
正直、土くさい・・・でもお腹に優しそうなので嫌がる主人を励ましつつ夫婦でしっかり完食いたしました。今年も健康な1年が過ごせますように・・・。
【2006/01/09 09:02】 | しのざき #- | [edit]
私の父親は、山育ちなのでこういった山草をよく摘んできては食べさせられました。
小さい頃などは、友達と遊びに行こうと思っていたところを、無理矢理引っ張られて河原の土手で泣きながらツクシを採っていたこともありました。周りの人は怪訝な顔して僕を見ていたのを覚えています(笑)。
ですので今でもツクシを食べる時は、ツクシの味以外に、ほろ苦い思い出が合わさって更に苦く感じてしまうんです。
でも、ツクシの天ぷらなんかは、なかなか美味しいですよ。
【2006/01/09 23:28】 | 青峰 #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://keijyudou.blog20.fc2.com/tb.php/51-926b4f83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)