タイトル画像

韃靼そばふりかけ

2006.01.10(00:08) 52

韃靼そばふりかけ

最近はまっています。
以前長野に帰った折、立ち寄ったお蕎麦屋さんに、サンプルとしておいてあったものを父親が手に盛っては食べ、盛っては食べていたので、どんなものかと思ってちょっと食べて以来、はまってしまいました。
用途としてはふりかけとありますが、父親と同じように食べるのでも、美味しいのでスナック感覚でこのまま食べてしまうことも・・・。
韃靼蕎麦は苦蕎麦とも呼ばれて、苦みが強いとのことで日本では蕎麦として加工することは少ないそうですが、それでも最近この韃靼蕎麦が取りざたされることが多くなったのは、血圧を下げる効果のあるルチンという物質が抱負に含まれていることによります。
韃靼の語源としては、モンゴルに住む遊牧民はタタルとよばれ、その漢字読みをしたものが韃靼(だったん)と言うことになるそうです。
この韃靼蕎麦の原産地が主に中央アジアで、丁度このモンゴルの地域にあたるためこの呼び名がついたものと思われます。
苦蕎麦と別名になっていますが、このふりかけの味は、苦いものではありませんでした。
最近は韃靼そば茶と言うのがありますが、こちらはまだ飲んだことはありません。
どんなものなんでしょう?
スポンサーサイト


天長地久 ~長野県東御市から送る鍼灸師の日常~


<<鏡開き | ホームへ | 春の七草>>
コメント
蕎麦ふりかけなんて知りませんでした。おいしそうですね。1度食べてみたいものです。今度長野に行く機会があったら探してみますね。でも韃靼蕎麦茶はよく飲みますよ。香ばしくてとっても美味しいです。お蕎麦屋さんで出されたときに飲んでから購入するようになりました。最初、蕎麦の実だけでは癖が気になったので、少しのほうじ茶とブレンドしたら香ばしさが増していただきやすくなりました。緑茶や紅茶の間に時々いただくと「ほっ」とするお茶ですね。
【2006/01/10 16:54】 | しのざき #- | [edit]
お蕎麦と言えば、長野県に白樺湖という湖があるのですが、その近くに利休庵というお蕎麦屋さんがあります。
そのお店はお蕎麦ももちろん美味しいのですが、他にも天ぷらを頼むと、その日山で取れたものを、ビックリするくらいお皿にうずたかく盛って出してくれます。
注文してから一時間くらい待つこともありますが、出てくる時は空腹感が倍になって、そんな大盛りの天ぷらでも割合ペロッと食べられちゃったりします。
さすがに天丼を注文した時は、ご飯がお腹に溜まって、完食するのは大変でしたが・・・。
お近くによる機会がありましたら、いかがですか?なかなかお薦めですよ!
【2006/01/11 01:01】 | 青峰 #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://keijyudou.blog20.fc2.com/tb.php/52-7bd682ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)