タイトル画像

祢津城山(冬の陣)

2014.12.10(22:18) 528

IMG_5417.jpg
今朝のジョギングは、9月の初めに訪れた祢津城山に行ってきました。
朝6時半位から走り始めると、この時期はまだ薄暗く、気温も氷点下3°くらい。
走り始めて10分位はまだ体も温まらず、ひたすら風寒の邪に耐えながら走っています。
吹き下ろしの風で涙が滲んできます。
まるでかき氷を一気にかき込んだみたいに頭の芯がキーンとなる感覚、冬のジョギングの一番辛い所です。

夏場に走った時は、あれほど草木が青々としていた祢津の城山も、今では地面もすっかり落ち葉に覆われてしまいました。
足裏に、霜柱と枯れ草を踏みしめるサクサクとした踏み心地が何となくこそばい様な感じがします。
土日に降った雪がまだうっすらと残る山道、本格的な冬になれば、雪に覆われた山道はきっと走るのもきっと困難になってしまうので、そろそろ走り納めになるかも知れません。
丁度、山頂に到達する頃には朝日が昇りはじめた頃。
山頂から見下ろす景色は、夏場とはまた違って、遠くの山々まですっかり雪化粧に染まる様子はまた絶景です!
これで寒くなければ、この場に留まってしばらく景色を堪能したい所ですが、山の上はより一層寒さが増していて一気に体も冷えきってしまいます。
5分程景色を眺めたら、体が冷えない内にすぐ帰途に着く事にしました。

いっその事、祢津の城山から雪の積もった東御市の景色も見てみたい衝動に駆られますが、やはりこれ以上の寒さには耐えられそうもありません。
皆様も冬の寒さに体が参ってしまわぬようご自愛下さい。
スポンサーサイト


天長地久 ~長野県東御市から送る鍼灸師の日常~


<<2014年仕事納め | ホームへ | ver.39>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://keijyudou.blog20.fc2.com/tb.php/528-de262506
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)