タイトル画像

三色団子探訪

2015.03.25(20:13) 535

いよいよ南の方から桜開花の報がチラホラと届くようになりました。
長い冬を耐えて、ようやく待ちわびた春の到来です。

桜と言えば、「花見」。
花見と言えば、「団子」。

風流に花見を気取っても、なかなか食い気にはかないません。
春に頂く団子は赤白緑の三色団子が相場かと思っておりましたが、この辺りの和菓子屋さんを訪ね歩いても三色団子を置いているお店が一軒もありません。
色々な方に伺ってみると、この上田、東御、佐久地域では、昔から団子と言えば「みたらし団子」や「くるみ団子」が一番頭に浮かぶそうで、三色団子を春の花見に食すという方は皆無でした。
という事で、去年は三色団子を食べる事なく花見の季節を終えてしまいましたが、無いと思うと余計に食べたくなるもの。

先日のドライブは三色団子を求めて、一路飯田方面に向かいました。
同じ長野県と言えども、飯田は静岡県や愛知県に近く、高速を使わず下道でのんびり車を走らせていたら、片道たっぷり3時間はかかりました。
僕にとっても初めての飯田訪問です。
この日は陽気も良く、南信州の飯田市は一足早く春の気配が感じられます。
JR東海の飯田駅、リンゴをイメージした赤い屋根の駅舎はメルヘンチックでなんとも可愛らしい感じがします。
IMG_5701.jpg

街のメインストリートを走るリンゴ並木。
歩行者用の道も整備されていて、お散歩も楽しいです。
IMG_5699.jpg

街の至る所にはリンゴで彩られたマンホールが!
こういった細かい所がまた粋ですね。
IMG_5698.jpg

さて、昔から城下町として栄えた飯田だけあって、街の中には和菓子屋さんも多く点在していました。
これなら、三色団子も見つかるかも!?と期待していたら、あっさり一軒目で三色団子とご対面を果たす事が出来ました。
IMG_5696.jpg
この後も近隣の和菓子屋さんをハシゴして、その店々で三色団子を手に入れる事が出来ました。
飯田では三色団子は普通に売っているのが分かっただけでも、遠くまでやって来た甲斐があると言うもの。
こうなると長野県内の三色団子の分水嶺を知りたくなりますね。
県内をドライブする目的と言うか楽しみが増えました。

帰りは伊那に立寄り、これまた兼ねてより興味のあったご当地グルメのローメンを食して来ました。
IMG_5710.jpg
ローメン発祥の店とも言われる「萬里」さん。
お店の中もなかなか趣がありました。
初ローメンの感想としては、ダクダクの汁に浸った焼きそばと言う感じで、さらにお好みで酢、ごま油、ニンニク、ソースなどを混ぜながら自分好みの味に仕上げていきます。
だから同じローメンといっても、人それぞれの味付けがあって、そんな幅広さがさらにローメンの愛される所以なのかも知れませんね。
IMG_5711.jpg

南信州の大水系は何と言っても天竜川!
天竜川の流れは、普段見慣れている千曲川とまた違った趣がありますね。
IMG_5706.jpg

桜にはまだ早い信州ですが、雪解けて、いよいよ遠出にはもってこいの季節となりました。
スポンサーサイト


天長地久 ~長野県東御市から送る鍼灸師の日常~


<<山梨へ行って来ました。 | ホームへ | ホームズ>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://keijyudou.blog20.fc2.com/tb.php/535-bb820b77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)