タイトル画像

八日堂縁日

2016.01.08(22:32) 588

今朝は、信濃国分寺で行われる八日堂縁日に行って参りました。
IMG_6534.jpg

IMG_6530.jpg

IMG_6531.jpg

8日の朝8時から、地元の蘇民講の方によって制作された絵入りの「蘇民将来符」が並びます。
「蘇民将来符」とは招福除災の護符のことで、六角形のドロヤナギの木に「大福長者蘇民将来子孫人也」と書かれています。
絵入りでない蘇民将来符は、7日から求める事も出来るのですが、絵入りの「蘇民将来符」は8日にならないと手に入れらない事もあって、毎年多くの方が絵入りの蘇民将来符を求めて朝から信濃国分寺に足を運びます。
絵入りの蘇民将来符は、書き手の方によって、それぞれ個性があり、毎年同じ方の蘇民将来符を求める方、あるいは色々な方の蘇民将来符を求める方、人それぞれです。
この日は、僕も気合いを入れて、一時間前の朝7時に、信濃国分寺に来たのですが、境内にはすでに大勢の人が列をなしていました。
今朝は、前日よりもグッと冷えて、路上の温度計では-4度を指していましたが、並んでいる人達から漏れ聞こえる会話からは、「今年はまだ温かいね〜。」との話が・・・・・。
マイナスに到達した気温の中、温かいと表現できるほど、まだまだ寒さ慣れしていない僕は、足先に霜柱が立っている様な思いでジッと耐え忍んでおりました。
聞けば、早い人では6時くらいからここに並んでいるとか!
恐れ入りました。
これだけ気合いが入っていれば、きっと蘇民将来符が無くとも、きっと災いなんて寄り付かないかも!?
朝8時とともに一斉に、蘇民将来符が並び出すと、さっきまでの寒さ等どこ吹く風と、辺りは一気に活気づいてきます。
IMG_6532.jpg

そんなこんなで、今年も並んだ甲斐あって蘇民将来符を入手する事が出来ました。
一昨年、去年と手に入れたものと一緒に並べて、玄関先に並べてみました。
ず〜っと蘇民将来符を買われている家では、それこそ何十年分の蘇民将来符が飾られているので、ものすごい迫力があります。
僕の性分としては、一度買い出してしまうと、恐らくずーっと買い集める事になるのだろうなと、はや三年目にして、来年の寒さの中、信濃国分寺で並んでいる自分を思い描いてしまいます。
IMG_6533.jpg


くるみ堂長岡はり灸院
389−0512
長野県東御市滋野乙2320−1
0268−63−7280
スポンサーサイト


天長地久 ~長野県東御市から送る鍼灸師の日常~


<<スキーの日 | ホームへ | 七草>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://keijyudou.blog20.fc2.com/tb.php/588-24fa3ac1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)