タイトル画像

文人悪食 嵐山光三郎著 新潮文庫 

2006.01.20(23:34) 59

この本では日本を代表する37人の文士の、食生活から、その人物の人間性や作品の根底にある人生観などを詳細に解説をしています。
兎に角、こういった文士の方々というのは、自分の不幸や、異常性を作品の肥やしにしているところがあって、その生涯も波瀾万丈です。
人が生きる上で、基本的な事というと、やはり衣食住であります。
その中でも、食の嗜好と言うのは、その人の育った環境や性質が如実に表れる部分でもあります。


商売柄、こういった内容の本を読むと、食べ物の嗜好から診断をすることもあるので、どうしてもこの人はどんな病気になったのかとか、どういった体のトラブルに悩まされていたのかというのを考えてしまいます。

正岡子規などは死ぬ間際まで、その異常なまでの食欲を抑えることが出来ず、自らを責めるようにして喰い続けて死んだとありますが、東洋医学的に考えれば病的に消化をつかさどる臓腑が亢進してしまったことによって、その持って生まれた生命力という物をドンドンと枯渇させていったのではないかと考えます。

人間は父親母親から受け継いだ生命(先天の気)と自らが呼吸や食べることによって養っていく(後天の気)によってその命が保証されています。
この時、この先天の気と後天の気は相互に協力し合い、時に抑制し合いながら、生命を維持する為の絶妙なバランスをとっています。
さながらクリスマスツリーのモミの木を先天の気、デコレーションを後天の気とすると分かりやすいでしょうか?
先天の気というのは、生まれた段階である程度決まっているので、人間はこの後天の気をいかに上手く取り入れることによって、その後の体の状態が変化してきます。
その時に、自分の枝振りを考えずに闇雲にデコレーションを付けていけば、その屋台骨である枝には相当な負担がかかることになって、枝が細い場合には折れてしまうことだってあります。
とかく、人間は飢餓の状態には非常に強いので、食べた物をいつ飢えてもいいようにと貯蓄しようと言う力は優れているのですが、その逆の満たされすぎる状態には非常に脆くなっています。
近年は飽食の時代となって、先天の気を消耗するほど、後天の気を養いすぎている機会が多いと思われます。
このとりすぎた後天の気は、時として体にとって余分な物として存在する事もあります。
東洋医学ではそれを“邪”と呼びます。
この邪によって、今の生活習慣病と言われる疾患が生じていることも多いです。

本の感想から、ずいぶんと脱線してしまいましたが、この本を読んでから、もう一度ここに紹介されている人達の本なり、詩なりを読むと、違った視点から内容を捉えることが出来て、より作品を楽しめるのではないでしょうか。
スポンサーサイト


天長地久 ~長野県東御市から送る鍼灸師の日常~


<<バス停が・・・ | ホームへ | 難しい漢字>>
コメント
食について、今マイブーム真っ最中です。健康のために宮沢賢治みたいな食生活を始めて三ヶ月、余分なお肉がなくなってすごく身体の調子が良いです。んで食事量が少なくてもある一定の体重からは減らない、これって一日一食が自分に合ってるって事なのかな?など思っているんです。ホント人間って飢餓には強いな~と実感してます。
【2006/01/21 10:55】 | 薬院 #BuW5oIeE | [edit]
薬院さんこんにちは!
大学時代に3日ほど、ビスケットと干し椎茸で過ごしたことがあります。(決して崇高な目的があったわけではありませんので)
3日目になると、視界がかすんでいたような気がします。(笑)
文人悪食の中で、宮沢賢治は玄米を一日4合!と言っていますが、粗食な大食漢だったのでしょうか?
【2006/01/21 12:27】 | 青峰 #- | [edit]
一日一合未満です、量については書き忘れておりました、すみません。ビスケットと干し椎茸で3日、もしかしてエコノミックな理由とか!?似た経験あります。
【2006/01/21 16:48】 | 薬院 #KZK3kBhw | [edit]
高校時代、部活をやっていた頃は、昼食時はお腹が減って、お腹が減って、2合のご飯を詰めたお弁当箱を持参していました。(あの頃は僕一人で、随分とエンゲル係数を稼いでいました。)
登校時に比べて、下校時の方が、やけにカバンが軽くなっていました。
今考えても、どこにそれだけのご飯が入ったのかが不思議なほどです。

もちろんエコノミックな理由ですよ(笑)
【2006/01/22 19:26】 | 青峰 #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://keijyudou.blog20.fc2.com/tb.php/59-5e258bce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

嵐山光三郎

嵐山光三郎
  1. 2006/05/03(水) 12:46:57 |
  2. アイドル芸能Shop