タイトル画像

京都御朱印の旅①

2016.01.14(23:38) 591

1月10日、11日はお休みを頂いて、京都に行って参りました。
学生時代、研修生時代と京都に6年間もいたのにも関わらず、何にも京都らしい遊びを満喫する事無く、過ぎ去ってしまった6年間・・・・。
今思えば本当にもったいない事をしたもんです。
当時の思い出と言えば、ひたすら山の中を走ったりとか、夜中に下宿の住人達と、天○一品のラーメンを食べにいく為に、車で1時間近くをかけて、老ノ坂を越えたという乏しい記憶しかありません。

いざ遠くに離れてみれば、「あのお寺に行きたい!」とか「もっと神社にお参りに行けば良かった。」という思いが募るもの。
今回は、そんな無念を晴らすべく京都に足を伸ばしてきました。

最初の目的地は、鳥獣戯画で知られる「高山寺」。
鳥獣戯画と言えば、以前、上野の美術館に、鳥獣戯画展を見に行ったものの、ものすごい行列の中、三時間並んで、見れたのはほんの2、3秒だったという苦い思い出がありまして、そんなつらい思い出を払拭すべく高山寺を最初の目的地としました。
バスで揺られる事40分、街を走っていたバスの車窓からドンドンと建物が見えなくなって、山の中を登り進んで行きます。
大学生時代は、学校が山の中にあったものですから、むしろこうした山間風景の方が京都に来たんだなあと感じてしまいます。
IMG_6547.jpg
高山寺は、鳥獣戯画の他に日本最古の茶園がある事でも知られていています。
お茶に縁が深いとの事で、庭を眺めながら、抹茶を頂きました。
折角ですので、御朱印帳は高山寺に因んだ鳥獣戯画のものを購入し、あわせて御朱印も頂きました。
IMG_6608.jpgIMG_6599.jpg

再び、バスで元来た山道を下って仁和寺へ。
吉田兼好の仁和寺にある法師等で、お馴染みですが、こうしてじっくりと境内を歩き回ると言うのは実は初めての事でした。
IMG_6560.jpg
IMG_6610.jpg

仁和寺からはバス通りに沿ってメジャーなお寺が並んでいます。
歩いて15分くらいの所に、石庭で知られる龍安寺。
その御朱印もさすが「石庭」と入っております。
IMG_6562.jpg
IMG_6601.jpg

そして京都観光の王道とも言える金閣寺へと歩を進めていきました。
この時期、割と閑散期にあたる頃なのでしょうが、それでもさすが金閣寺ともなると、大勢の観光客で賑わっていました。
この日は温かい事もあって、仁和寺→龍安寺→金閣寺と歩きづめで、うっすら汗ばんで、足も棒になってしまいました。
案外、お寺巡りは境内も歩き回ったりすると、結構な歩数を稼げるものですね。
この日だけで、2万歩も歩いていました。
IMG_6566.jpg
IMG_6602.jpg

この日は、メジャーどころばかりを見て回りましたが、かえってじっくりと見直す機会となって、とても新鮮に目に映りました。



くるみ堂長岡はり灸院
389−0512
長野県東御市滋野乙2320−1
0268−63−7280
スポンサーサイト


天長地久 ~長野県東御市から送る鍼灸師の日常~


<<京都御朱印の旅② | ホームへ | 咸臨丸出航記念日>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://keijyudou.blog20.fc2.com/tb.php/591-c3ecb96b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)