タイトル画像

中山道をゆく

2016.03.22(23:56) 632

皆様、休日はいかがお過ごしでしたか?
連休を利用して、中山道を辿って、岐阜県の恵那まで行って参りました。
当初の目的は、開田高原に行って、お蕎麦を食べる予定でしたが、うっかり中山道を南下しすぎてしまった為、ひとまず目的地を妻籠宿へと切り替えることに。
途中、開田高原の蕎麦と書かれた看板に魅かれるがままにお蕎麦屋さんに立寄ると、十割蕎麦の色味の濃いお蕎麦を頂く事が出来ました。
お蕎麦の香りはさすがの十割と言った所ですが、それでいて滑らかな喉ごしには、脱帽しました。
この街道にあるお蕎麦屋さんは、今の所どこに行ってもはずれがありませんね。
IMG_6740.jpg

IMG_6739.jpg

前回は、岐阜県側の馬籠宿まで行きましたが、今回の山を隔てた長野県側の妻籠宿は、また違った趣があります。
右を見ても左を見ても深い山の中、昔の旅人は、妻籠宿についた時には、ホッとしたに違いありません。
宿場の規模からして、当時も沢山の人で賑わっていたのでしょうね。

IMG_6748.jpg


IMG_6774.jpg

IMG_6764.jpg

IMG_6757.jpg

宿場の中程にあるお茶屋さんの店内から、格子戸の外の景色の行き交う人達を見ていると、本当に昔の人の気分になって、一服している気がしてきました。
IMG_6779.jpg

巨石、自然石好きの僕としては、宿場町の外れにドーンと鎮座する鯉岩が非常にポイントが高かったり。
間近で見ると石の大きさに圧倒されます。
これでも昔は鯉が水面から飛び跳ねる様な形をしていたそうなのですが、明治期の地震によって、頭の部分が落ちて、今の形になってしまったのだそう。
是非とも崩れる前の鯉岩を拝んでみたかったです。
IMG_6786.jpg


この日は恵那市で一泊して、翌朝は駐車場に車を止め、電車で名古屋へと向かいます。
モーニングと言えば、やはり名古屋の喫茶店!
冷静になった今だからこそ、我ながら、ムチャクチャな予定を立てなものだとあきれてしまいます。
足を運んだお店は、名古屋市北区にある「カフェタナカ」という洋菓子店。
創業1963年と言うから、もう50年以上続く老舗の喫茶店です。
IMG_6791.jpg

8時半の開店と同時に、広い店内はドンドンと人で埋まって行きます。
近所にこんな喫茶店があったら、毎日通いたくなります。
休日のゆったりとした午前中を、喫茶店で充分堪能致しました。
IMG_6790.jpg


再び恵那に戻り、偶然、駅のインフォメーションで仕入れた情報を頼りに、恵那市にある「銀の森公園」という所でで行われているパラソルマーケットを訪れてみました。
先に恵那の名物と言われるハヤシライスをお弁当屋さんでテイクアウト。
休日の昼下がり、ポカポカ陽気の雲一つない青空の下、買ってきたお弁当を広げて、ピクニック気分。
車の運転を忘れて、屋台で売っているビールを注文したい!と言う衝動をやっとの思いで押し殺しました。
IMG_6792.jpg
IMG_6794.jpg

園内の広場正面には恵那山が聳えています。
山全体は、青々としていて、何だか初夏を思わせるようです。
IMG_6796.jpg


パラソルマーケットで扱っている商品は、どれもこれも目を引くものばかりで、物欲が止めどなく溢れてしまいます。
かねてより庭に植えたかった福寿草が売られていたので、思わず衝動買いをしてしまいました。
それと、院内の飾り様に雑貨を2点。
飾る場所をあれこれ考えるとワクワクしますね。
春分も過ぎて、日中も暖かくなると、こうした屋外のイベントも楽しめるようになりますね。
IMG_6798.jpg
IMG_6800.jpg

中山道を一息に行き来した濃厚な二日間でした。
家に帰ってきてみると、その日の午前中に自分が名古屋の喫茶店でモーニングをとっていたなんて信じられません。

くるみ堂長岡はり灸院
389−0512
長野県東御市滋野乙2320−1
0268−63−7280
スポンサーサイト


天長地久 ~長野県東御市から送る鍼灸師の日常~


<<2016年プロ野球開幕 | ホームへ | 点字ブロックの日>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://keijyudou.blog20.fc2.com/tb.php/632-b3946dfc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)