タイトル画像

灌仏会

2016.04.08(22:30) 641

旧暦4月8日は、お釈迦様が誕生した日と言う事で、新暦4月8日か5月8日には、お寺で「灌仏会(かんぶつえ」と言う行事が執り行われます。
お寺にお花で飾られた花御堂(はなみどう)というのを設け、そこに誕生仏であるお釈迦様を祀り、甘茶を柄杓ですくって、像の頭上にかけてお参りします。
日本では古来から4月8日には花を摘みに山に出掛けたり、田の神様を迎えると言った風習があって、それが仏教の伝来とともに灌仏会としても受け入れられるようになったとも言われています。
現代の日本では、どうしてもキリスト様の誕生日に押されがちですが、春の訪れを喜び、無病息災とその年の豊作を祈る、こうした行事も大切にしていきたいですね。
灌仏会は別に「花まつり」とも言われ、ちょうど春の花が咲くこの季節ならではで、華やかにお花を飾り付ける事でも知られています。

IMG_6858.jpg


今朝のジョギングは東御市民公園まで言ってきました。
芝生広場の桜は、まだ3分咲きと言った所ですが、日中の暖かさで一気に満開になりそうです。
IMG_6851.jpg

桜の花びらが散り始める頃に、このタータントラックを走り抜けるのが毎年のお楽しみになっています。
IMG_6853.jpg

日向の桜は、もうすでに満開と言っていい状態。
辛夷の白と桜のピンクに挟まれ、春のど真ん中を走っているような気分になります。
今年もまた桜前線を追って、徐々に山の上に向かって、走っていく事になりそうです。
IMG_6856.jpg

IMG_6857.jpg

くるみ堂長岡はり灸院
389−0512
長野県東御市滋野乙2320−1
0268−63−7280
スポンサーサイト


天長地久 ~長野県東御市から送る鍼灸師の日常~


<<メートル法公布記念日 | ホームへ | 世界保健デー>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://keijyudou.blog20.fc2.com/tb.php/641-98ee3019
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)